--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2004-10-16

うつの夜明け


紫花 はっちゃんね、うつ病とかに興味があるんですよ。エッセイでさっちゃん物語を書いたのもそういう人に向けて書いたんだし、最近出会う人もうつ病系の人が多かったりします。でもなかなか本当の原因とか対策とかが見えてこないので、もどかしい思いをしています。そこで「この人だ」と思う専門家に相談してみました。森の癒し堂というサイトを運営なさっている気功師たみ(たぬきち)先生です。しばらくお話しをお聴きください。 
☆鬱などの心からくる障害 by気功師たみ  精神的な鬱や心の障害は改善します。 これは人間の状態により起こるものです。完璧に「心」からくるもので心から来ているものも、自分が認識しているものとそうでないものがあります。あと自身の肉体の変化による肉体の(臓器)のストレスから来るものがあります。  心から来るものも結局精神的ダメージから同じように肉体的に悪くなっていきます。結果として肉体が機能低下を起こし、自分のパワーでは動けない状況になります。このようなときは「気力」も完璧に低下しています。自分のエネルギーがなくなると他人のエネルギーが自分に当たってきます。気というものは十人十色であり又、気が合う合わないというように他人の気が自分に当たり傷つくようです。  これは目に見えない気のエネルギーが一種バリアーになっていて、これらが薄くなると相手のバリアーを防げなくなります。状態として気で感じる部分が、素肌になってしまって外部の堅いものに接触して肌を直接こすってしまうみたいなものです。つまり気も人間を防御する服であり、バリアーとも言えます。  心身共に気力の低下によりダウンしていくとどうにも自分をコントロールできなくなります。こういったときは肉体で云うと「空腹で動けない」というようなものです。ですからこの場合外気功で一時的にエネルギー補給すると少し回復するのです。  特に問題がなければそれから徐々に回復しますが、気というものを車のバッテリーに例えてみると、まだ使える状態であればそれから自分で発電して動きます。ただし、全くバッテリーが不良の場合充電しきれず又止まってしまいます。  このように気を補充することが出来ない状態は肉体が正常に機能しないためであるようです。このような場合肉体的にまず機能を回復するために、食生活や体の毒出し、呼吸法によって肉体的に改善することも重要です。  あと完璧に心から来るトラウマなどが原因のものは、しっかりそれと向き合い自分がそれを許すことが大事です。かなりキツいかもしれませんが。又トラウマの部分が自分自身気が付いていない場合もありますので、それを探ることもとても大事です。  これら要因がどのくらいの割合で複合的になっているか、あるいはどれかひとつの問題なのか、それをしっかり認識することが出来たら出口は見えるはずです。ですから鬱になったからといって同じ治療法では効果がありません。自分がどの状態なのか認識することです。つまり人の数だけ症状が違い人の数だけ対処法があるということです。  たまに鬱などになる原因を心霊的な事が原因といわれる場合がありますが私はこれには否定的です。確かに霊的なマイナスエネルギーが要因としてある場合はあります。それは認めます。しかしそれは霊によって起こったことでなく、肉体が弱り、霊を寄せ付けてしまったとというのが私は正しいと思います。つまりバリアーが弱くなった事と、自分自身の「心」が心理的要因や、心の状態が悪くなったことであると考えられます。つまり心、肉体的に弱くなり、自分で呼び寄せてしまった事が原因であるといえます。  鬱は自分次第で治るといえます。しかし必ず誰かの後押しが必要になります。これがカウンセラーや気功師などの言葉やパワーだと思います。自分でもわかっていても抜け出せないのが鬱ですよね。いずれにしても他の人の力を借りて行動することがいちばんの近道と言えます。 <あとがき>byはっちゃん  はい、ありがとうございました。みなさんいかがだったでしょうか。気のバリアーのお話しは新鮮ですよね。バリアーがないと他人のバリアーにぶつかって傷つく・・。そうなったら他人が自分を傷つけるとても「悪い人」に見えてきちゃうんじゃないでしょうか。それじゃぁ世の中が全部悪く見えてきて、なんにもする気が起きなくなっちゃいますよね。悪循環です。まずバッテリーを充電しましょう。充電しても止まっちゃう場合は??・・新品と交換しましょう!!、、そうじゃないんでしたっけ。。  ご回答頂いた文章、本当はもっと長いんです。障害者全般にわたってのご高察もいただいております。全文をご覧になりたい方は、こちらの障害の使命をお読みください。 <注意書き>  このブログにたぬきち先生のコメントは付きません。コメントを書きたい方は森の癒し堂の掲示板へ行って下さい→ BBS1 BBS2  ご相談等は、直接先生にメールなさってください。具体的な病気への対処は有料になると思います。ご了承ください。 ではお大事に。。。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

シュバン

Author:シュバン
ミクシィで『ひふみ神示』コミュの管理人をしています。人間に見えるけど、猫です。

カウンター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。