--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2004-11-18

護国神社

護国神社 なんだか急に千葉縣護国神社に行きたくなりました。  これはプーさんに「アレキサンダー君!」と一喝されたからかもしれません。それで自分の中の『恐怖』を内観したんですね。その恐怖が創ってきた現実を手放すときが来たと・・。その報告をするのにどこへ行きたくなったかって、5万7千の英霊たちを祀っている、護国神社だったんですね。これ不思議ですね。 
 何で不思議かと言いますとね、私元々クリスチャンなんですよ。洗礼を受けた頃はね、『右翼』のにおいのするものは嫌いでしたね。あとね、『合戦』とか男らしくて荒っぽいものが大嫌いだったんですね。だから合戦だらけの日本の歴史が大嫌いでしたねぇ。そしてその合戦で大将たちが八幡宮とかに戦勝祈願しているものだから、八幡宮が大嫌いだったんですね。そもそも神社そのものが嫌いでした。お祭りで荒っぽさを競っているようなところが嫌いだったんですねぇ。  そんな私が護国神社ですよ。神田明神へ行って「正門様すご~い」とか言ってるんですよ。『平家の誇り』とか言って武将たちの生き様の凛々しさを伝えようとしているんです。人生ってどうなるかわかりませんよねぇ。本当に不思議です。  でもね、それでイエス・キリストが嫌いになったかと言うと、そうじゃないんですね。むしろ逆です。どんどん身近に感じてくるんですね。 「あ、イエス様が言いたかったことはこういうことか。」 ってね、神社や神棚で祝詞を奏上すればするほど気付いてくるんですね。これもっと不思議なことですね。今クリスチャンやっている人には全然理解できないでしょうね。イエス・キリストと日本神道って矛盾しないんですね、私の中では融合しています。ひょっとしたらイエス様ってキリスト教会じゃなくて、日本神道の中で活躍されているんじゃないかと思うくらいです。こんなこと言う人私ぐらいなもんじゃないでしょうかねぇ。  私のブログでコメントされた方がいらっしゃいますね。 「キリスト教の最大欠点 原罪 ヒトは罪の子と言う 呪いの言霊」と。 これ当たっていますね、『ヒトは罪の子』じゃありません。でもね、イエス様がそうおっしゃったのかと言うと、全然そんなこと言っていないんですね。イエス様は「裁くな」と言ったんです。『罪』っていうのは裁く存在が外部にいて、なんらかの判決を下すから出てくるものであって、これはエホバの神とかゾロアスター教の2元的な考えから来ているんですね。それらとごっちゃになってイエスを理解しようとしたものだから、誤ったんですね。  私の中のイエス様はですね、「とことん愛しなさい」って言ってるんですね。何をって『自分』をですね。だから私『自己愛』の話しをしています。 「身を尽くして、精神を尽くして、魂を尽くして、汝自身を、そして汝の内なる神を愛しなさい。とことん愛して愛し抜きなさい。命がけで愛しなさい。」 って言い続けていますね。それを理知的に理解しようとすると、「自分を苦しめることになる『恐怖』と『罪悪感』を手放せ」っていうことになるんですね。これ原罪論とは真逆の話しです。イエス・キリストが十字架上で磔にしたのは、実はこの『恐怖』と『罪悪感』であって、本当はとことん自分を愛する方法っていうのを、ドラマチックに演出したんですね。ターゲットはあくまでも『自分の中の神性』なんです。それを『復活』で示して今もなお復活し続けているんですね。それが真のイエス像なのです。それを仏教的に言うと『無』になるんです。  ここで話しはやっと護国神社に戻ってくるのですが、お国のために命を捨ててきた人たちって「自分は神になる!」って信じて崇高なもののために自己保存の恐怖を乗り越えたんですね。これ立派です。自分を信じて愛していたんですね。この精神っていうのはイエスの十字架とほとんど変わらないと感じるんですね。多少色合いが違うかもしれませんが・・。何も青い目の人にイエスを教えてもらわなくても、元々日本人は知っていたんですね、すごい民族だと思います。  だからね、結論は『自己愛』なんですね。  今まではね、世の中が世の中でしたから、肉体も肉体でしたし、本当に死ぬような場面まで来なければ『自己愛』を貫けなかったのかも知れません。でもアセンション後の世界は違うのでありましょう。ごく自然に自分が自分であるということが、すなわちユートピア作りに直結していくような、そんな世界であるように感じます。  皆さん、イメージできますかぁ??
スポンサーサイト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

愛について・・・ キャーかっこいい

ありがとうございます。 そうですね!自己愛・・・うん 今思った事ですが自分=創造(全ては外でなく内にあると思うから)自己愛=創造の愛 (初めからそこに存在している状態)全てに かんしゃ~ となりました。ありがとうございます。

天岩戸神社

パソコンが壊れて、戻ってきた話は11月にしつこく書きました。書いたのですが、意味はひとさまのブログに書いたり、話をしたりしながら、肝心の自分のブログに書いていませんでした。確信のダメ押しもあるので、いま少しお付き合いくださいませ。さて3週間ほど修

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

こんにちわ はっちゃん様
>お国のために命を捨ててきた人たちって「自分は神になる!」って信じて崇高なもののために自己保存の恐怖を乗り越えたんですね。これ立派です。自分を信じて愛していたんですね。この精神っていうのは十字架とほとんど変わらないと感じるんですね
う~ん確かに。この辺は妙に納得します(笑)自己愛ですか・・そうですね。
かつて私も自己否定から肯定に変わったとき、真から感謝しました。その中に
神様と同じ御魂をそなえている自分をしみじみ「いとおしい」そして「有難い」と感じました。私の家は黒住教とかかわりがありまして、以前チャクラが開いた・・とお話した時、悩んだ末に見つけた答えはちゃんと教義の中にあったんですね。自分が真の意味をわかっていなかったのです。「求めよ、さらば与えん」なんでしょうね。黒住の教えはわかりやすく単純です。「くよくよし、ものを苦にすること」を戒めています。自己愛を否定することに繋がるからでしょうね。
とことん感謝し愛しぬきます!!^^。

つづきです
ユートピアですか・・神様に、全てに感謝したとき、魂が喜びに満ちているときのあの感覚のまま生きていて、周りの方も同じ状態で、きれいな波動が一人一人からでてそれが融合し、人も自分も一体になっている感覚・・かなー。
さあ!今日も「人間」を頑張ろう!!
毎日シンクロ・・有難い~~^^V

「魂が喜びに満ちているときのあの感覚のまま」って、いいことおっしゃいますね。
そういう感じをわたし洗礼受ける前に感じたのですが、それ説明しても神父様はわかってくれなかったんですね。どう説明していいのかもわからないし、共感してくれる人なんか誰もいませんでした。
それで教会ってなんか変だぞ、と感じたものです。
「くよくよし、ものを苦にすること」ですか、単純ですが実に深いですね。
『生まれ変わりの動機』って、やったことに対する後悔と、やらなかったことに対する後悔だって、「月の動く音を聴け~」って言った霊能者が言っていました。
『いまここの自分を全肯定する』って難しいんですよね。でも求める価値があります。
魂の歓びは死んでも持って帰れますからね。あとはおまけみたいなものです。。。

はっちゃん、こんにちわ!
アレキサンダーのお話すっごく いい(≧∇≦)
それに、解りやすいです。はっちゃんに共感!!
私は、言葉でこの感覚を表現しようとしても上手く表せなくて・・・ でも、一人でも多くの人に 「今が、たのし~ぃ」って思って欲しくて ブログを作ったのですが・・・なかなかねぇ
でも、「はっちゃんのお話は 私の言いたい事を表現しているではないか~~~」と感動したのでコメントせずには、いられませんでした。
プーさんかわいいし(*^O^*)
これから起こる全ての感動を、一緒に楽しく味わいたいですね!

ranさん、コメントありがとうございますぅ。
私ね、言葉にできない物事を言葉にすることに自信があるんですよ~。
これに関しましては20年のキャリアがあります。
そんじょそこらの神様や宇宙人には負けないんじゃないでしょうか~(^.^)。
それを理解できるranさんもたいしたもんですね。
アレキサンダーのお話しと今回のお話しは、ちょっと誤解を受ける可能性があります。
自分の中の『恐怖』ですね、これを手放すのに表面意識で裁いて戦ってしまうとうまくいかないと思うんです。
そうするにはどうしたらいいかって、ranさんがなさっている『ソウネン流し』ですね、あれがいいですね。
ああいう方法で瞑想的に自己観賞するのがいいと思います。わたしたぶんずうっとそれやり続けています。
以後宜しくお願いいたしますぅ。
ご一緒に『ワクワク』で世界を創造していきましょう。

そうですね、理解できる部分?っていうのは その人のフィルターを通ってくると理解の内容は いく通りにも変身してしまうのですよね。
水玉模様のフィルターを通せば水玉に見えるし、縞模様を通せばシマシマだし。(けっこう水玉好き*^∇^)
アナタノしましまダメだから、こっちの水玉模様のに変えなさいよぉ(^-^)bとかって、言っちゃいたくなるのですよね~
その、フィルターを 透明な(最新型、カッコイーやつ★)モノに取り替えるのにソウネン観察が役に立つとおもうのです。
最近は、神様や宇宙人や???イロイロな方たちがメッセージを通して気づきを促していらっしゃるようですが
中心に納められる事 (自分自身をもって・・・ウーン なんていうのか。。。やってみて、これだ!って思う事・・かな) を
つねに心して 中心は「わくわく」で、いこうとおもってま~す。
おっ ちょっと、バシャールはいってたかな?(^-^)
ありがとうございます(^-^)/~~~

うーん、そうですね。
ワクワクしていればだんだん自分の中心に納まっていくんだと思います。
それでカルマを見る必要があるんだったら見ればいいし、人と出会う必要があるんだったら出会えばいいし、山に篭って祈っていたいのならそれをすればいいのだし、その人によって『今』はまちまちなんだと思います。
大切なのは『表面意識』がワクワクよりもでしゃばらないで、3歩あとくらいからついてこさせるようにすることですかね。それをやれる人がいるのでしたら、メッセージを流す人よりも素晴らしいと思いますぅ。
さて、ワクワクはどこへ連れて行ってくれるのでしょう??
プロフィール

シュバン

Author:シュバン
ミクシィで『ひふみ神示』コミュの管理人をしています。人間に見えるけど、猫です。

カウンター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。