--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005-01-01

祈りの祝祭

新勝寺 みなさま、明けましておめでとうございます。お正月らしく、成田山・新勝寺より、新年のお慶びと、皆様方のご開運をお祈り申し上げます。  さて、今回は新年にふさわしく、『祝う』ということをテーマにお話ししてみましょうか。 
 昨年末、祈らら掲示板では猫を含めた動物の話しで盛り上がりました。 それで最後に猫と犬の行動様式に違いについて書いてみたのですが、ちょっとご紹介いたしましょう。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー <行動と行為>  猫科の動物は、その生活の八割方をボーっとリラックスすることに費やしますが、いざハンティングしようという時には、ボーっとしている姿からは想像もつかない俊敏な動きをするので、見ているものを驚かせます。でもその動きにはどこか、ボーっとしているときと同じ『動いていない』という静けさがあるのです。この動きを『行為』と言います。  犬科の動物はそれとは対照的に、休んでいるときでも絶えず『動いて』います。ご主人様の顔色を伺いキョロキョロしてみたり、舌を出してハーハー言ってみたり、シッポで何かをアピールしようとします。だからいざ犬と散歩に出かけようとしてうれしそうにはしゃいでいるのを見ても、休んでいるときとのギャップを感じません。元々それを期待して『目標』を持っていることが見え見えなのですから。この目標がある動きを『行動』と言います。  猫族は失敗を恐れません。って言うか、『失敗』と言う観念が無いのです。なぜなら、リラックスするということでエネルギーを溜め過ぎているので、それを発散させること自体が目的になってしまっているのです。この行為自体が目的であるということは、その行為が『遊び』だと言うことです。あるいは『お祝い』みたいなものでしょうか。そうすること自体が楽しく、そうしないと苦しくてしょうがないと言った感じです。猫は祝祭の次元に生きているのです。  それでは犬はどうかと言いますと、その動きは『目標志向』です。狼がハンティングをするところを想像してみてください。獲物に対して群れで遠巻きに円陣を作り、絶えず動きながら隙間を埋めていき、そして威嚇しながらついにはみんなでし止めてしまう・・、あたかも「失敗しないように」という努力を、絶えずしているように見えます。それはそうです、失敗すると一族みんなが滅んでしまうからです。だから『獲物を得る』という未来の目標を立てたら、「じゃぁ失敗しないようにするにはどうすればいいのか」という帰納法的な思考をし、『今』を未来の目標のために捧げます。そしてその目標が達成されるまで絶えず動き続けるのです。  ということで、猫の行為は『今ここ』を楽しむためにする祝祭型、犬の行動は未来の目標達成のために今があるという、目標達成型ということができるでしょう。どっちがいいと言いたいのではありあせんが、『今』の性質が全然違うということだけは書いておきましょう。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー と、こういうことです。 ここまで書いてふと思い当たったのが、後醍醐天皇のことであります。 後醍醐天皇って、失敗しても何度も立ち上がりますよね。 それってもしかして後醍醐様の中に『失敗』という観念が無いからではないかと思ったのです。 それは彼が猫族の人間で、夢に向かってチャレンジすること自体が人生の目的であるという存在様式を持っているからだと考えると、とても理解しやすくなります。 でも巻き込まれてボロボロになっちゃった人は、たまったもんじゃありませんよね。 それでも多くの人たちが後醍醐様を慕って付き従ったのは、掲示板にも書きましたように、天皇が猫と同じように、『お日様と仲良し』だったからではないでしょうか。 しかもそのエネルギー量が巨大で、猫と言うよりライオンに近い王者の風格を具えた方であったと想像できます。 その近くにいる人は、天皇から漏れ伝わってくる懐かしい太陽の霊的なエネルギーを感じ、その香りに惚れてしまうのだと思うのです。 これが後醍醐様の魅力の秘密なのではないでしょうか。 どうやら人間にも猫的な祝祭型と、犬的な目標達成型の2種類の人がいるようです。 私自身のことを考えて見ますと、明らかにこの猫的な祝祭型なんです。 目標達成型で生きようとしても、必ず失敗してしまいます。 失敗すると傷つくのですが、その傷を猫的な価値観で見直して癒していたりします。 ずうっとそんなことの繰り返しなんだと、あらためて思います。 だからここで開き直ってしまうことにいたしましょう。 私は『猫』なんです。私の辞書に『失敗』という文字はありません。 そこにあるのは『意味』であり、すべてが祝いなのです。 今年の目標は、『目標を立てないこと』であります。 人生は遊びであり、すべてがことほぎの祝祭であるのだ~~!! みんな歌えー!踊れ~!花開け~!! 新年だからこそ、許されるコメントをしてみました。 一体私の人生、どうなってゆくのでありましょう。 皆さんは、『祈り』にも猫型と犬型があることに、気づいたことはないでしょうか。 願望達成祈願・厄除け・商売繁盛・家内安全etc・・・。 何か目標がある祈りは、すべて犬型の目標達成様式なのであります。 それに対して、猫が霊的に日向ぼっこをしているときにする祈りは、これとタイプとは違うと感じます。 お日様の光を浴びて、気持ちよく神聖に呼吸をすること自体が『祈り』なのです。 こういうタイプの祈りがあるということを、猫族を代表いたしまして、ここで強調しておきましょう。 本来祈りとはそういうものではないのでしょうか。 祝詞(のりと)とは祝うことばと書くのですから、元々『目標』が無いのです。 それを宣ること自体が楽しい、祝祭の詩なのだと思うのであります。 そこで黒住氏風に一句・・ アマテラス あなたのひかりに抱かれて       息をすること 祈りのことほぎ・・・ 本年も宜しくお願いいたしまする。。。m(__)m <写真> 12月30日に撮影したものです。 新勝寺のすぐ下の茶店『みやた屋』に商品を納めた際、はじめて参拝してみました。 意外にもウキウキしてしまいました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

明けましておめでとうございます。おからです。
後醍醐天皇が慕われるわけがさっぱりわからなかったので、教えてもらえてうれしいです。これなら「あっ、そうかぁ~」です。ありがとうございました。
読んでいると私はイノリストには珍しいかもしれない犬型かも。何はともあれ今年もよろしくお願いいたします。

あ、おからちゃん、おめでと~。。。
おからちゃん、犬型なんだ。
じゃぁ、なんか目標あるでしょう。
WEBサイトを立ち上げることかにゃ?
犬的なところは、最近先生がおっしゃっている『自分の中の男性性』かもしれないね。
磨いてみよう!!!(^.^)

はっちゃん
あけましておめでとうございます。うふふふ・・って笑っていました。「猫」か~わかりやすいな、いいな~
私は以前は「犬」タイプでした。今は・・基本的性格は犬なんだけど、「猫」になっちゃったかな。
その境目は「神」に目覚めてからですね。
そういう人多いかも・・

雪の花さま、明けましておめでとうございます。
本当は犬でも猫でもバランスが大事なんでしょうね。
でも世の中があまりにも犬的で、猫的な価値観が表に出にくいんじゃないかと感じるんです。
だからはっちゃんみたいな変わりもんが、バランスを取るために猫族の復権を目指すのも一興かなとも思います。
『基本的な自己信頼』は、にゃんこの日向ぼっこにあると、今年は強調していきたいと思います。
宜しくですぅ。。。
読点が多いのは、にゃんこの足跡ですぅ。。。

あけましておめでとうございます(^_^)
そっかー、私はずっと犬型だったかも・・。
本当は「今」を楽しみたいのに、先のことばっかり考えてしまって、今に集中できなかった気がします。
今猫型にシフト中です(^^;;
でも、今に生きると、きっと人生が生き生きと動き出してくる気がします。流れに乗るっていうのかなー。
はっちゃんさまにとって、今年が素晴らしい1年となりますように・・(^-^)ノ

maiaさま、ありがとうございます。
犬型で生きてみるっていう時期も大切だと思いますよ。
でも今猫型にシフトしたいとお感じならば、それがmaiaさんの『今』ですよね。
それで両方の経験が『陰陽調和』に向かいます。
maiaさまにご開運ありますように・・・。
スルスル~って乗っていけると感じますぅ。。。

あけましておめでとうございます~!
何かここへ来るといつも楽しいです、あはは~!
(飲んでませんよ?飲めないですから)
私は犬型のような猫型かも。B型なのにA型に見られるのと同じ感覚かも…。
何にしろ、もう流れが出来てしまっているので、感じるままに進まなければ~っていう感じです。やっぱり猫型…ですかね?
今年もどうぞよろしくお願いしますね!

あ、mikoさん、初笑いですね。ナイスです。
あの~、mikoさんはアマテラス様と仲良しなくらいですから、元来が猫型なんだと思うのですが、
結構犬っぽく人の顔色を伺っているところがあると感じます。
そこがmikoさんの愛嬌があるところなのですが、そういう自分が苦しければ止めてもいいと思います。
猫みたいに無愛想になってみるのも楽ですよ~~!!!
なははははは!!!

はっちゃんさんあけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いしますm(__)m今これを読んで「私は猫」で「彼氏は犬」だ!と思いました。こんな二人でもうまくやっていけるものなんでしょうかね?私的には今年辺りが変化の時期に入ってきていて今後の関係が変わると感じているのですが。(彼を通してやらなければならない事はやった、という感覚と彼とは違う道を歩まなくてはならない感じがしてます)何はともあれ今年は気持ちを新たに色々やる事が出てきそうな気がしてます。是非ひかり先生のグループフォローあたりでお会いしたいと思います。また何かあればメールしますね。では、失礼しますm(__)m

あ、みゃーこさん、あけましておめでとうです。
今年は変化を感じますか、そうですか。
彼は猫でしかないみゃーこさんを求めているのかもしれませんね。
でもみゃーこさんが犬であることに目覚めようとしたら、彼とは葛藤しますよね。それでも魂が望むのなら、ひかり先生のように勇敢に前進してゆくのが道なのかもしれません。はっきり言えないのですが、『自分の感覚』が大事です。先生もよくそうおっしゃっています。
グループフォローでお会いできたらしましょうね。5月28日ですか、それまでにははっちゃんももっと笑っていられるかにゃ?なはっ。

はっちゃんあけましておめでとうございます!今年偶然立ち寄った初参拝神社は後醍醐天皇が主祭神であります作楽神社でした。はっちゃんとはまたまた深いご縁となりそうな一年ですね、どうぞ宜しく宜しくお願いいたします♪
ちなみに吉備津彦神社のある吉備中山には黒住教本部があります。確か今の吉備津彦神社の宮司様も黒住氏だったような・・(笑)

有華さん
そうなんですよ^^吉備津彦神社の上?裏?(さだかでない)に本部がありまして、我が家の宗教なのに私はまだ一度も
参拝したことが無いんですよ。
今年は考えようかな・・宮司さんが黒住さん?お身内かしら?
また今年も後醍醐繋がりですね。なにが展開されるか楽しみです。

おお、後醍醐ファミリー揃いましたか。お待ちしておりましたぞ、姫。
それにしましてもまたシンクロでございますか。
ふと思ったのですが、こうして話題に出して理解してあげようと思うことが、その方の『ご開運・ご供養』になるのではないか、と思いました。
だとしたらどんどん盛り上げた方がいいですよね(^.^)。
私はそういうこと担当ということにいたしましょう。
黒住氏にしてもそうですよね。
その話題に出ました黒住教本部の教殿はすごいですね。
わたしクリスマス後に写真を発見してビックリしました。
http://www1.odn.ne.jp/kurozumi-tok/sisou.htm
なんだかとてつもないエネルギーを感じませんでしょうか。
私も行ってみたいです。
建物に感動したのは香取神宮以来かも。。。
櫻木神社もなかなかだったけど。

あ、そうそう。黒住様のご先祖は南朝の遺臣なんですよ。ですから帯刀も備前吉光の名刀です。黒住様は今村宮の禰宜の父と、白髭宮の神職の娘である母の間に子の年、子の月、子の日の冬至の日に生まれています(どこかで聞いたような・・。)
南朝=後醍醐様にやはり繋がるんですね~。
黒住教には子供のときに神文奉呈という、信者である証みたいな、誓いみたいなことをしています。それと、吉備楽という雅楽のお琴を始めまして祭典の折に弾いておりました。
その割りに組織がきらいなので、あまり出席率の良い信者ではなかったんですが・・。^^;

はっちゃんさま
あけましておめでとうございます。
こちらでは、初めて書き込みさせていただきます有楽と申します。
いつも、興味深い記事拝見しておりましたが、今日の
> 後醍醐様の中に『失敗』という観念が無い
って所が非常に響きました。
年末、年始と長らく関わっている仕事を完了させることができず、
常に、この未完了と格闘しておりましたが、
未完了であることは『失敗』ではない。
いや、未完了であるとか完了であるとかが問題ではなく…。
猫型である自分が犬型のパラダイムに縛られている、あるいは、
犬型のパラダイムに準じているかのようにふるまっているところに
何かとても「らしさ」を失なう気持ちでしたので、
あ、そうだよな、自分は猫系だもんな。と思いなおし、元気になりました。
(でも、仕事は終わらせましょう)

(続きです。長文で失礼します)
親元から離れ自立して以降、傍らに猫二匹と家人との暮らし。
20年近く、今も続いています。
> 今年の目標は、『目標を立てないこと』であります。
> 人生は遊びであり、すべてがことほぎの祝祭であるのだ~~!!
> みんな歌えー!踊れ~!花開け~!!
私も、このように叫びたい衝動に駆られています。
猫が犬の皮かぶってどうする!?
色々考えさせられる記事でした。
今年はこちらにお世話になるかもしれません。
私の関心は、義経~源為朝→舜天王の話しや、蝦夷アテルイの流れの
縄文系のあたりです。義経~平泉~蝦夷と今年、見えてくるものが
多々ありそうです。
はっちゃんの自由闊達さを見習い有楽から遊楽に昇格したいものです(笑)
今後ともよろしくお願いいたします。

☆雪の花さま
やっぱり南朝=後醍醐様と繋がるんですか。
なんだかほんとにすごいですね。
私思うのですが、後醍醐様が目指した理想郷の『神の国』は、
とてもキリスト教のイメージに近い感じがするのです。
黒住様もイエス様みたいだし、秦一族が信仰していたのは実はマリアとイエスじゃないかといううわさもあるし、どうも私の中ではそっちに行ってしまいます。
黒住様が迫害されたことは無いのでしょうか。
雅楽いいですね。
私最近祝詞とかマントラが雅楽っぽくなるのですが、そういう自分が不思議です。

☆有楽さま
はじめまして、カキコありがとうございます。
私も自分に言い聞かせているだけで、自由闊達なのではありません。
長い間犬になろうとして無理していたので、ここらで開き直ろうかという時期なんだと思います。
一緒ですね、宜しくどうぞ。
縄文とかアテルイとか好きな人多いんですね。
それも最近の驚きです。アラハバキを解き放て~!!
縄文って今の時間の流れとは、ほんとに違うんだと思います。
アセンションに際し、みんな魂の奥底でそこに帰りたいという思いに駆られているのでしょうか。
『遊楽』っていいですね。
遊びって言うと世間の人からはふざけているように思われるかも知れませませんが、
ライオンが獲物を獲得しようとするときは命がけで真剣です。
それでも『遊び』なんだと言うことでしょう。
命がけで遊びましょう(^_^.)

はっちゃん様
私も黒住様はイエス様に似ていると感じておりました。後醍醐様をはじめその流れなのかな~その意味は・・?謎が早く解ければいいですね。
黒住教は迫害・・ありますよ!亡くなってからその弟子、赤木忠春が活躍しましたが(イエス様亡き後を守るパウロみたい)孝明天皇の妻(九條関白家の姫)を通じ、天皇にご講釈をされ、感銘をうけた天皇に擁護されたそうです。
その後禁門の変の時に孝明天皇が「この一大事に宗忠神社はいかが思うぞ」と御神意を問いました。その結果「御動坐御無用!」という神意が降り、孝明天皇は近くに砲弾が炸裂しても動くことはなかったそうです。もし比叡にでも動かれていたら、最悪京都は戦火に見舞われていたかもということです・・。
その後、孝明天皇から「勅願所」を賜る神社となりました。しかし、明治となって国家神道がもともとの「神道」の霊性を否定したために国家の圧迫を受け、「組織は作らない」という黒住宗忠の意向と相反し、教えを守るために黒住教を作らざるを得なかったのです。
そう考えると迫害でしょうね・・。

続きです
出雲繋がりもあります。黒住教の初代、次代管長は(黒住氏の孫、ひ孫)出雲大社の千家から奥様を娶っていらっしゃいますし、子年、子の月、子の日に生まれた宗忠さまを思うと、大国主大神のお使いはネズミだったしな~と・・。もともとの「型」を創られるお役目があった方なのだなと思います。
日月神事でも「黒住、金光、大本と流れを出した・・」と日月の神様は仰せですしね。

あ、、そうですかぁ・・・。
私的に思い当たるのは、出口王仁三郎さまがORで霊言集を出された内容です。
王仁三郎さま系列の神様っていわゆる『丑寅の金神』なんですね。
つまり恐いので東北の鬼門に封印されるような神様です。
なんで恐いのかって言うと、『霊能力』が強いからなんです。
それで王仁三郎さまはその霊能力で予知をして、戦争しても負けてしまう、東京が火の海になるっていうのがわかったんですね。それで戦争反対って言ったのですけれども、戦争に関しては神界でも意見が分かれていたらしい。
金神を鬼門に封じ込めるのは主流の神様です。
その主流の神様たちが、負けるのがわかっていて「戦争しよう」って言ったんですね。

続きです。
主流の神様たちは、ここで戦争して一度リセットした方が日本が発展するって考えたらしい。
あるいはアメリカの野望を見抜いて、敢えて十字架を背負う役目を、世界に示したのかもしれない。
ここですね、黒住・大本系が国家神道と合わなかったのは、主流の神様と合わなかったからだと、王仁三郎先生はおっしゃっていました。
で、その主流の神様というのは、天ノ御中主さまで、丑寅の金神というのは、国常立ノ尊さまと須佐之男さまのことなのでああります。
国常立さまって波動はとても優しいですよね。
イエス様に似ているとしたら、この方ではないでしょうか。
大国主さまも当然その系統でしょう。

金光教の熱心な信者として育った私であります。鬼門金神を仰いで祝詞をあげてきました。しかし国常立大神はとてもとても優しい神様です。ただ教団を通すとやはり屈折してしまうようですね、これから先団体というものは影を潜めてしまうのでしょうか。金光教の本部も備中の金光町で年に何度も通った本部も、今は足が遠ざかっています。
黒住氏と出雲の関わりは面白いですね、私は吉備軍が出雲を平定したのだと見ていますので、やはり備中と出雲は直結していると思います。吉備津彦神社は黒住氏だと思いますが、吉備津神社の方はわかりません、賀陽氏なのでしょうか。
黒住教本部の玄関前を通り過ぎましたが、エネルギーは強烈でしたよ、確かに。はっちゃんも雪の花さんも色々な事を知っていらっしゃるのですね、感心しちゃいます。いつか皆さんご一緒に吉備中山へ参れたらいいですね^-^*

なるほど!
そういう意味もあって封印されたわけですね。霊力が強い・・確かに感じます。
で、その流れは今このときを得て現れているわけですね。
黒住様もいずれこの流れは全世界に広がるぞ・・といってらしたようです。
イエス様の系統ですか・・う~~む
あ、はっちゃん的になってきた(笑)

有華さま
金光教も勉強してみたいです。皆さんどこかの教団でやはり入門編みたいなことされているんですね。求道されたというべきか・・。私も同じく本部からは遠ざかってしまっています^^;
ほんとに一諸に吉備中山に行きたいですね。私としては有華さんやはっちゃんとなら本当はどこでも一緒に行きたいです(笑)

う~~む(笑)
そう言えば内村鑑三先生も『戦争反対』と言って弾圧されましたし、
『無教会主義』と言って、組織から自由であることを唱えました。
金神系統と本当のキリスト教って、なぜかとてもよく似ていますよね(^.^)。
祈ららも金神系で、組織とは言いがたいし・・・。
エッセイに書きましたが、911テロのときには、私一人で戦争反対って言っていました。
所属する団体が「この流れもやむなし」と見解を出していたのにも関わらず・・・。

もうひとつ面白いお話しをいたしましょう。
山田雅晴氏は、『神社開運法』の中で、地球規模の大神として三体神を挙げておられます。
国常立大神さま、アラハバキノ大威神、ニギハヤヒ大神様。
出~た~、アラハバキさま~。多分須佐之男さまのことではないかと思います。
ニギハヤヒ大神は、ご存知のとおり物部氏の祖先です。
物部氏は『ふりたま』という鎮魂法を駆使できたのですが、そこで振っていたのが『ふつのみたま』、つまりトツカノツルギらしい。有華さんの記事に関連してくるのですけれども。
コスモンズワークスの鈴木悠天氏は、物部鎮魂法を復活させて病気治しをしています。2回合いました。ちょっと理屈っぽい人ですが、生き方はイエス様のような人です。
ちなみに宇宙規模としましては、妙見様(天ノ御中主様)を挙げておられます。
その上の超次元神様っていうのも書いてあります。
『神様にとっての神様』がおられるらしい・・・。

う~む(笑)
鎮魂法はあちこちの源流的な宗教団体でもしていますよね。新興宗教団体の美穂の家という団体で習ったことがあります。丸一日のハードな修行でしたが、これをやらないと1999・7・7の神事の参加はでき無いといわれたので必死でした。そのころは地球滅亡を防ぎたかったし。
物部鎮魂法も興味ありますね。
「神様の神様」か。そこなんですよ
私が知りたいのは・・

みなさま、こんにちは!!
うわっ、くわしいですねー脱帽!!
わたしは、あまりくわしい話にはついていけなくて、宗教の内部まではわからないのですが、みんな一連の流れのようですね。
>丑寅の金神というのは、国常立ノ尊さまと須佐之男さまのことなのでああります。
ひとこと、国常立大神=豊受大神で、わたしが思う国常立は女です。最終的には女というような感じです。みな国常立の正体がわからなといったところでしょうか。
どの神さまも被り物をなさっていて、神さまの本質、本体を見抜いてみると、だんだん明らかなような気がいたします。
http://www.motoise.jp/main/yurai/yurai_f.html
↑籠神社、奥宮 真名井神社 御祭神 
豊受大神
亦名 天御中主神・国常立尊、その御顕現の神を倉稲魂命(稲荷大神)と申す
あと、神さまの神さまは、「神様も神様を拝み・・・云々」とあり、上を見れば神ばかり、下を見れば皆人間、神さまを真剣に拝めば神さまも人間様を真剣に拝んでくださるということだそうで(←ひふみ神示によると)いわゆる、もちつもたれつです。誰もひとりでは立っていないということ、ですね。ありがたいことです。

うーん、入り組んできましたね。
先に山田氏の本を紹介しましたが、そこに書いてある一霊四魂説を思い出しました。
人間にも神様にもみな一霊四魂があって、その五つそれぞれに神仏が対応しているそうです。
だから神様のご開運を祈っていると、その神様の一霊四魂からいろいろな神仏が出てきて、それでもってそこからも無限に繋がっているそうです。
だから山田氏は自分の一霊四魂を拝む『自神拝』を推奨されています。
自分の中に無限の神仏ネットワークがあるそうです。
私は面倒なので、『自己愛』で片付けてしまっていますが・・・。
とてもめんどくさがりやです(~_~;)。

☆雪の花さま
あ、山田氏が言っている『神様の神様』は『超次元』だということです。
ま、あんまり言うと怒る方が神道系にはいらしたりするので、この辺にしていきましょうか。
あとは山田氏の本で。
それからもっと上があって、もう人格じゃ無いそうです。宇宙の『法則』っつうのか『意思』っつうのかその辺らしい。
その『意思』を実現するのが天命だと・・・。
これ私が『真理』という茫洋な言葉で言っているのと同じなんじゃないかと思います。
私はめんどくさがり屋なので、そこにターゲットを置いているのだと思います(~_~;)。

大変盛り上がってきました。ここの所神々の話題で花盛りですね。何からレスをしていいのかわからなくなってきました(笑)それにしても国常立大神=豊受大神は衝撃的ですが・・それも有り得るのかも。
金神系の話題が熱いのですが、やはり吉備の地に通じると思います。国常立大神の信者は吉備の出が多い。出口日出麻も岡本天明も美穂希祐月もみな倉敷の出であります。
アラハバキがスサノオ様ですか・・。そして今私の中で熱い神はニギハヤヒ・・。ううむ・・どこまで広がるの?この話題。。
雪の花さま、私も皆さんと一緒ならどこへでも行きたい気分です~♪

☆有華さま
どうやら封印を解いてしまったらしいですね(~_~;)。
今年は風水的に東北から吉報がやってくるらしいので、これも何かの必然なんでしょう。
私は知りません。。。どうなっても・・・。
ぼちぼち次を書かんと。

皆様こんばんは…。はっちゃんさんがトラックバックして下さっていたので、お礼を、と思ってやって来たら、何だかまた新年早々すごいことになっていますね…!あわわ。
私も今気になるニギハヤヒ様…。
何だか、突き詰めて行けば、すべての神様がひとつに繋がって行くような気がしますね…。

有華さま
美穂さんも岡本天明も岡山でしたか・・国常立大神の流れなんですね。う~む
有華さんご神事ツアー一緒にしたいですねー。あ、私も修行しとかなきゃ^^
はっちゃん様
う~む、そこに行き着いた・・というかんじですね。直に受けたいのはそこのところなんですよ・・。難しいことなのだろうか・・素の状態で向かえばいいのかな・・う~む
うふふ、封印を解いてしまいましたか、必然ですから仕方がないのかもね・。
カキコ新記録では・・?

元旦の石上布都魂神社の神事では、トツカノツルギが出現しましたので・・。吉備の地の封印切りだったのかもしれません・・。元旦という日のエネルギーは特別らしいので・・。後醍醐天皇の年頭の言葉が今頭の中を巡っています。これは私だけの言葉ではなかったのでしょう。皆様「・・今年は世話になる。宜しく頼む・・」でございます。

有華様
いよいよでてくるのですね・・わくわくします!待っていたんですよ!って感覚があります。
そして「はは~」と後醍醐様に頭を下げたい私です。

お初にお目にかかります。
有華さまのサイトからきました。
国常立大神=豊受大神説ですが、
伊勢神宮では外宮(豊受大神)を
内宮(天照皇大神)より先に参拝します。
それは外宮の神が内宮の神より
高位の神であるからです。
イザナギの大神より生まれし、三貴神より高位の神
・・・別天神五柱、神代七代
(天之御中主神からイザナギ、イザナミまで)の
中の一柱の神となります。
国常立大神はありうることになります。
外宮(渡会氏)が内宮(荒木田氏)に対抗する
ために創ったという説もありますが、
祭祀は外宮から行われるようなので、
外宮は重要視されていると思われます。

有楽です。
おはようございます。
こちらでは新参者ゆえ、控えめに。(って長くなってしまいました)
東北蝦夷系としてコメントを、
確かに新年早々、解題モードで凄い盛り上がりですね。
大変に勉強になります。また、自分の中で疑問に思っていたことに
なるほど!とヒントをいただけました。
> 豊受大神亦名 天御中主神・国常立尊、その御顕現の神を倉稲
> 魂命(稲荷大神)と申す
国常立大神=豊受大神説=倉稲魂命(稲荷大神)が御顕現という
ことで、腑に落ちましたのは、去年からの呼ばれて立ち寄るいたる
所でお稲荷さまがありまして、今年の初詣は、八幡大神、稲荷大神を
ご祭神とする地元の総鎮守の神社でした。
あ、ここでも稲荷大神と思っていた矢先に、
> 外宮(豊受大神)を内宮(天照皇大神)より先に参拝
というコメントに行き着き、去年から
天照様と稲荷大神様に導かれていたのだなあとわかりました。
参考までにアラハバキ神について蝦夷系の私から、参考になる
サイトとして以下を参照してみてください。
http://www5.ocn.ne.jp/~furindo/backup2.html

続きです。先のサイトより
---一部引用
プロフィール

シュバン

Author:シュバン
ミクシィで『ひふみ神示』コミュの管理人をしています。人間に見えるけど、猫です。

カウンター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。