--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005-02-17

般若の智慧

 いろいろ過去世とか歴史の話しをしておりますがね、この『過去世を思い出したところから得られる智慧』というのを、仏教では『般若(はんにゃ)の智慧』と言っています。般若心経でいうところの『般若波羅蜜多(はんにゃはらみた)』というのは、菩薩段階の修行法であります六波羅蜜多のひとつで、潜在意識の扉を開く修行法のことを言います。これわかっていない方が多いですね。あっちこっちサイトを検索してみても、般若波羅蜜多を『空の智慧』とか『深い智慧』とかいう意味に捉えているみたいですが、これ違うんじゃないかと私は思うのです。あくまでも修行方法のひとつなのです。
 六波羅蜜多というのは、『布施』・『せん提(忍辱)』『持戒』・『精進』・『禅定』・『智慧(般若)』の六つの修行方法のことを言います。これを『アラハン』ですね、菩薩の前段階としてお釈迦様に入門を許された方が、その上の修行方法として授けられるのが、この六波羅蜜多なのだというわけです。  この修行方法のひとつが般若波羅蜜多なのでありますが、これをやっていますと、いろいろ思い出したり法則を発見したりするんですね。これですよ、はっちゃんがやっているのは、たぶん。なんで過去世だの歴史だのの話しをしているのかと考えながらふと思ったのですが、「もしかして今この段階にあるのではないか」ということに思い至ったわけです。  はっちゃんが今勉強させてもらっている祈ららでもね、レベル4になりますといろいろと過去世とかを思い出したりすると言われていますが、この段階も菩薩行に入っているのではないかと、私には感じられます。  で、この般若波羅蜜多ということばなのですが、ご存知のとおり般若心経に出てくる言葉です。この修行法を行じている人のことを、『観自在菩薩(かんじざいぼさつ)』と言います。これ特定の人じゃないんですね。般若波羅蜜多を行じている菩薩全般を指しています。誰でもそうなれる可能性はあるわけです。そのあとの『舎利子(しゃりし)』というのは特定の人ですね。お釈迦さまの高弟・シャーリプトラのことを言います。だから般若心経の最初の部分を砕いてみますと、 「観自在菩薩は 般若波羅蜜多を深く行じている時に   五蘊(ごうん)はみな空であると悟り 一切の苦厄から解き放たれた」 と、こういうことになるんですね。 五蘊とは『色受想行識』のことで、物質から反応してできる 精神作用全部のことを言います。 はっちゃん今これが欲しいですね。 一切の苦厄から解き放たれたいんです。(度一切苦厄) 過去世とか思い出しちゃいますとね、マイナスの面も結構ありますからね。 760年前の武将が体験した、篭城戦惨敗のトラウマとかね、 一千百年年前のいとこ同士の怨念とかね、そんなことばっかり体験していたらたまらんす。 ほんとに「自由になりたい」とか思うんですね。 その自由が、心経でいうところの『空』なのではないでしょうか。 般若心経にはこういう言葉もあります。  遠離一切顛倒夢想(おんりいっさいてんどうむそう) 一切の『顛倒夢想』から離れることができるということです。 『現実』を支配している『自己観貧乏』って私は言っていますが、これが何百年とか何千年とか、そんな前に原因があるのだということは、体験した方でないとなかなか実感できないし、それを体験している人を見て「夢を見ている」と感じられるのも無理は無いことかと思います。まさに『顛倒夢想』に陥っていると言われてしまえばそれまでなのです。  しかし、そこを通過しなくて『空』を体験できるでしょうか。  究極の自由を味わうことができるでしょうか・・。  今回の記事では、そのようなテーマを投げかけておきましょう。  最後にお釈迦さまのお言葉・・  シャーリプトラよ     色は空と異なるものではない     また 空は色と異なるものでもない     色は即空であり 空は即色なのである     受想行識に関しても 同じこと・・   行きなさい 行きなさい そのまま行きなさい     究極の自由が得られる そのときまで・・                           by釈尊 <あとがき>  はい、いきなりお経の解説とかしていますがね、これも実は過去世に関係あるんですね。もう将門公の前の人が出てきているということなのです。その方が『和』の精神をもって、将門公のカルマの修正に入っています。結構すごい迫力なんですよ~。 「和をもって 尊しとなすべし!」 <般若心経関連リンク>  『般若心経』の智慧  般若心経(摩訶般若波羅蜜多心経)  般若心経全文  美しい般若心経
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

こんにちは。私の好きな般若心経解説をありがとうございます。
一度般若心経を覚えてから、その解説を書いた本をまた途中でほっぽり出していました。(こら!)
でもただ読み上げているだけで、心が落ち着いたりするんですね。しんどい時には、何度も読んだりしている時もあります。
過去世の事も何も分からないけど、ただ心が解き放たれる瞬間があるというだけで、このお経の素晴らしさを感じます。
あの本、また読まなきゃ~、という気になりました。
と言いつつ、気になっただけで、やっぱり読まないかもしれませんが、私の場合は自分で追求し、理解していくものかもしれません。
時にはこうして、誰かから、その意味を教わるときもあるのなら、それもまた、進みながら自然と学べているのだなぁという気もします。
はっちゃんさんに、感謝だにゃ~。にゃん。

☆mikoにゃんこさま
あ、そうそう、般若心経は確かに読むだけで『功徳』がありますよね。
玄奘三蔵がわざわざそう作ったみたいなんです。だから
「是大神呪。是大明呪。是無上呪。是無等等呪。」
と言って「唱えなさい」と強調しています。
 それから『般若波羅蜜多』の意味ですが、過去世関連だけではなくて、自分の守護霊や守護神仏と交流することも含まれているようです。だからmikoさんがチャネリング状態になっているのも、そういうことじゃないでしょうか。
結局ね、みんな気が付かないうちにお釈迦さまの掌の上で遊んでいるということなんじゃないでしょうか。
「行きなさい 行きなさい そのまま行きなさい・・」
偉そうに解説してしまってすいません・・。

こんばんにゃ~。
>偉そうに解説してしまってすいません・・。
とんでもないです。ありがたや、ありがたや、の気持ちです。
今日もまた般若心経に救われました。
この頃とっても重い状態が続いているので、なかなか簡単にそのまま行かせてもらえませんが、ちみっとでも進んでいるならいいなぁと思いつつ、頑張っています。
今は自分のそういう状況から抜け出すために、自分の闇に向かって祈っていることが多いので、早く器を大きくして、もっと広い世界に向けて祈りたいです…。

☆mikoにゃんこさま
自分の中の闇を見つめることが、即地球のため、人々のためと認識しております。霊的な体力が付いてくればくるほど、見つめるべき闇も大きくなってまいります。『闇』の中には悠久の歴史が含まれており、人々が喜怒哀楽と命を懸けた、激しいエネルギーが篭っています。そこを乗り越えるには、悠久を超えた『永遠』のエネルギーが必要になってきます。私が八幡のマントラにこだわるのはそのためです。永遠レベルのエネルギーが篭っているからなのであります。般若心経の『空』という言葉もそうですよね。その中に永遠のエネルギーが入っているのです。決して空っぽなのではありません。
「神様でもカルマってあるんだなぁ。」
と思う今日この頃・・。
『自分のためが即人のため」という『自己愛道』を、一緒に歩んでゆきましょうよ。
いつも来てくれてありがとう。。合掌
プロフィール

シュバン

Author:シュバン
ミクシィで『ひふみ神示』コミュの管理人をしています。人間に見えるけど、猫です。

カウンター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。