--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005-05-30

将門山

平将門公縁地 三百ヶ所巡り  父の遺領エリア 第一番 将門山 千葉県 佐倉市 将門町
 現在の千葉県佐倉市将門町、昔の内郷村大字将門一帯の台地を『将門山』と呼ぶ。このあたりは北隣の大佐倉、南の本佐倉と共に、将門の父・良将の本拠地だった。下総介ではなかったが、鎮守府将軍としての必要性から、ここを拠点に事実上の下総介として領土を拡大し、領民の心を掴んでいったと思われる。  将門町には八幡宮将門・口ノ宮神社、そして桔梗塚と、3つの将門スポットがある。写真は将門町八幡宮の参道から、西側の畑を眺めた風景。 <佐野翁伝承からの引用>  上総国府の在地である市原郡菊間郷に宇多天皇より朝臣の姓を賜り臣籍に降下した垣武天皇の皇孫高望王が治安維持の任務の為一族郎党を率いて東下(あずまくだ)りし、土着した。これが坂東平氏の始祖と成った。  嫡子・良望(よしもち)(国香)は、父と共に菊間に住し、二男・良兼は西北部埴生郡横紫(芝)、三男・良将は下総印旛郡佐倉郷に所領を与えられ、其々、土着した。   この良将の二男が将門である。父・良将は、文武両道に優れていた事から宇多天皇の信任篤く、寛平八(八九六)年、陸奥大守と成って陸奥国宮城郡多賀の国府に赴任して久しく多賀城に在った。延喜元(九〇一)年、任期を終えて帰省して二年後の延喜三(九〇三)年三月、後の一代の風雲児相馬小次郎将門は、名門の藤原右大臣不比等の妻と成った犬養三千代の後胤・犬養橘春枝の娘と伝えられる女性を母として誕生したのである。将門は醍醐天皇の皇子で日光二荒山を開山した光勝上人(空也)と同年の生まれと我が家に伝えられて居る。 <交通> 【鉄道】  京成本線・大佐倉駅の北側が湖のように広がる大佐倉の農地。南側に400メートル歩くと、将門・宮ノ口神社に突き当たる。そこから右に向かえば桔梗塚、左にまわれば八幡宮という配置。 【車】  千葉市方面から国道51号を北上し、国道296号の交差点を左折。すぐ2つ目の信号を右斜めに入り、『佐倉中央霊園』の看板がある路地を右折。道なりにシケインを曲がって突き当たりの農道を入れば、右側が八幡宮の鳥居。農道を真っ直ぐ行けば、将門・宮ノ口神社。さらに道なりにいくと桔梗塚。桔梗塚へは宮ノ口に車を止めて徒歩でゆくとよい。 【地図】  将御門王国にリンクしています。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

こんばんははっちゃん。
お久しぶりの花桃です。
はっちゃん応援してるよ~。
でもって将門煎餅買い溜めする時は言ってね送るから(笑)
私藤原の血筋引いてるだろうけどはっちゃん好きだよ~。
グループフォロー関東4回目の話がでてからどうも反発が起きてたんです。グループフォロー関東4回目に行きたくて実は「数日前まで」粘ってたんだけどやっぱりだめだった・・(涙)
グループフォロー3回目のはっちゃんのすばらしい眠りポーズ・・・かっこよかった。今でも鮮明に覚えてる♪
そういえばね、少し前に知ったことだけど私の母方のほうはね、昔は下妻市あたりに住んでいたらしいんだ。だから何か下妻市あたりでのご縁がありそうだね!
大宝八幡宮に関係してたり、その近辺の城主とかに関係してたりして、あはは。でもまだ探るのは辞めとくのです。急な話で失礼しました。ではでは。

↑(訂正)
どこの血筋を引いてても“祈らら旗”もって応援してる。

こんばんは。おからです。
土曜日はありがとうございました。会えてうれしかったです~。
勧められて煎餅買ってよかったです。バキバキ音立てて食べるとおいしい♪神様も遠方っ子にはお土産くれるんですね。また行きたいです。あの時撮った神田明神の画像は携帯の待ち受けにしました。
昔から将門様には嫌な気持ちはないので、だからかも。私もいちおう藤原系ですけどねぇ…。
もちろん東京バナナも買いました。他の乗客が飛行機に乗り込んでいるのを横目に見ながら。
私も花桃さんと一緒に”祈らら旗”振りながら応援しているよ~。プーさんにもよろしくね。

☆花桃さん
 ももちゃん、コメントありがとう。
 反発が起きたんだね、はっちゃんもなんだか感じてた。
それでフォロー行くのやめようかと思っていたんだけど、おからちゃんには今会っておかないとと思って。
 どうして反発が起こるかは、はっちゃんから見て内観した方がいいと感じます。前にもそういう人がいました。その人はたぶん将門公が生きているときに一緒に生きた人で、将門公亡き後もずうっと生きていただろうと感じる人です。そういう人は、将門公みたいな人が理想なんだけれども、将門公亡きあとに『残党狩り』で死ぬよりつらい思いをしているんですね。だから本当は将門公に対して怒りや悲しみの感情を持っているはずなのですが、あくまでも理想なので、そういう感情を持ってはいけないと抑圧している可能性があります。だから『生』の将門公を出そうとしているはっちゃんに近づくと、見たくない感情が噴出してしまう可能性があるので、無意識のうちに蓋をしようとします。恐いからです。でもその『見たくない感情』を見ないままでいると、似たような状況で反射的に逃げるということになって、とても不自由な生き方を続けなければならなくなるような気がします。

<続きです>
 特にももちゃんの場合は将門公が理想で、将門公に対する想いが『男性観』全体を規定しているように見えます。だから将門公に対する感情を、潜在意識レベルまで踏み込んで内観されるのは、とても重要なことなのではないでしょうか。特に『恐怖心』ですね、今月号のドラゴンアイズに書いておられるのでタイムリーな感じがいたしますが、何が恐いのか、ゆっくりやさしく自分に聞いてみることをお勧めいたします。感情が悪いのではありません。恐怖を手放すべきなのでは?
 
 はっちゃんははっちゃんで、関係者全員を供養するしか道は無い感じなので頑張ります。応援ありがとうね。
 怒ったり泣いたりしたかったら、はっちゃんにぶつけてね、そういうの慣れてるから(^^ゞ

☆おからちゃん
 会えてよかったね。
 今回のフォローは、出席すること自体が命がけだったみたいです。そんな中で平気な顔をして九州からとんぼ返りしているおからちゃんを見るのは、とても不思議な気持ちでした。お仕事をしている環境もハードみたいだし、結構芯は強いのかもね、すごいね。
 また会えたら会いましょう。
 本当はもっとにゃんこな感じで楽しみたかったんだけどね、先生と姫がいるところではとても話しが高尚になっていっちゃうのよ。なんかすごく難しい話しをしたような気がする。今度はもっと楽しもう!!
 じゃ、ありがとう。。

はっちゃんありがとう。。
ドラゴンアイズ早く読みたいです。
はっちゃんのメッセージ受け取りました。
はっちゃん早速試み始めました。
何で先に死んだんだよ!!!!!ってめちゃめちゃ怒りをこらえてて悔しかったのかもしれない。。そこまでいって泣くことしかできなかったんだけど・・・まだまだ恐怖を手放せてないです。。。
はっちゃんと一番近い年代にいた自分を出したくて手を取り合って呼びかけてみたんだけど右目に傷のあるちょっと細身の人?しか今のところ出てこないんです・・・徐々にオープンさせたいです私もがんばる!

はっちゃんごめんなさい。

「どうしてももちゃんが謝る?
 悪いのは全部俺のせいだよ。
 とても恐くて悲しい思いをさせてしまったのは俺じゃないか。
 ごめんね、俺は今ここに、謝るために存在している。」  by将門
 ももちゃん、自分の感情をまるごと受け入れることができたら、将門公が理想から外れていても、まるごと受け入れてあげてね。時間がかかると思うけど、それで全部OKなはずだよ。
 右目に傷? うーん、やっぱり景政公かなぁ。
 誰かの守護霊だと思うんだけど、心当たりは?

ありがとう将門さん。
昨日今日と探り中です。
傷のある男性に誰の守護霊ですか?と何度伺ってみても“真樹”という名前ばかり浮かんでいるのです、もし平真樹さんという方なら年代が遡っているのです。
質問がアバウトすぎなのかなぁ。。挑戦してます。

えっ!将門関連の平真樹さんですか?でしたら「たいらのまひら」という方がいます。正妻「君御前」のお父さんで、この方と同盟を結ぶことにより、将門は叔父さん&常陸源氏連合と、真っ向から対立していくことになります。真壁(今の大和村)の豪族です。
もうひとり、貞盛公の家臣で「たいらまき」という、同じ名前の人がいたような。
ももちゃんがまひらさんだったということでしょうか?

まひらさんと読むんですね!まきだと思ってました。
どこの真樹さんかと何度伺ってみても、馬をひいた男の子が、田舎っぽい広そうな家の庭先にいるんです、馬をひいて同じ場所を円を描くようにぐるぐる回っていたり。
成人男性の後ろにまるでシンボルのように稲穂か麦?みたいな種類の植物が2本見えているんですが・・なぞなぞみたいぃ・・自分が将門さんに関連するまひらさんなのかはっきりしてないです。
真樹さんに関する記述を探してます~。

まひらさんは、この稿の二つ前、佐野翁伝承1に出てきます。
女性が全然出てこないのも不思議ですぅ。
なぞなぞは、はっちゃんにはお手上げ。
ひかりん先生だったらわかるのかな?

なぞなぞ考え中ふと、もしかしたら麦などではなく「矢が二本」なのかもしれないことに気づきました。麦の穂似。
まひらさんの記述はネットでもあまりないようですね・・君御前さんのほうが多く残っていそうです。
確かに女性が出てきてませんね!

うーん、真樹さんを供養してみればわかるのかも。
叔父さんたちの供養と共に、真壁へ行ってみるしかないですね。何かわかりましたら報告いたします。

そうですね!真樹さんの供養となると、ひとつ上のレベル・・、コツコツと勤めます。
こちらこそどうぞ、よろしくお願いします。
ありがとうございます。
プロフィール

シュバン

Author:シュバン
ミクシィで『ひふみ神示』コミュの管理人をしています。人間に見えるけど、猫です。

カウンター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。