--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005-10-08

体のカルマ出し

 左腕がしびれるんですよ・・。  疲れていると、腕の感覚がなくなるほどです。  なんなのでしょう・・。  能褒野(のぼの)追体験事件の後遺症でしょうか・・・。
 左肩から首にかけて問題があるみたいですね。右手をヒーリングハンドにして触っているのですが、他の個所も何か感じます。右手が触ろうとするのが、左の鎖骨の下、つまり左肺の上のあたりだったりします。そこにエネルギーが入っていって、ブロックを開放している感じがあります。それから左のわきの下なんてところにも、手が伸びます。これはなんなのでしょうか・・。カルマでしょうかね・・。  今まではちょっと『自己観貧乏』のお話しに集中していたので、「自分がこう思い込んでいる」というお話しが多かったのですが、『カルマ』のお話しをするときは、「相手がそうなっている」と考えるのが基本なんですね。そのことを集中してお話しする機会が無かったので、ちょっとやってみましょうか・・。  それで今回の左腕の問題を『カルマ』と捉えることにいたしますと、イメージできるのが『斬り傷』でしょうかね。あれですよ、斜め上段から「斬!」と振り下ろした刀傷と言いましょうか、剣の通った跡と言いましょうか、そんな感じがしないわけでもありません。  これね、私が語っているカルマ関係者の責任を、私が全部取らなければいけないとしましたら、そんなこといくらでもありそうな気がいたしますよね。相手がやられた分だけ受けなければいけないとしたら、命がいくらあっても足りないという状態なのだと思います。だから能褒野追体験事件というのは、カルマ的に考えますと「それで済んで儲けもの」というレベルなんですね。奇跡的に軽く済んでいる状態なのであります。  これ『守られている』んですね。ハタから見たら、はっちゃんの状態って結構悲惨なものがあるのですが、カルマ的に見ると守られていると感じます。これまがいなりにも『祈っている』ということがあるからではないでしょうかね。それと『仲間がいる』ということも結構重要なことだと、先の追体験事件では感じましたね。カルマ探求を一緒にやっていると、カルマ的に関わりのある人同士で背負いあうと言う現象もあるのではないでしょうかね。ありがたいことなのであります・・。  そう言えば昨年の5月、祈ららのグループフォローにはじめて参加した時に、その席で急に胸が苦しくなっちゃったんですね。しゃべれなくなって咳き込んだくらいで、やはり右手の指で鎖骨の真中へんを押さえたりしました。いや懐かしいですね、そのときに 「これはなんなのでしょうかね、タバコの吸いすぎとか?・・」 って先生に質問しましたら、 「火攻めのカルマです。」 と言われてしまいました。そのときは 「はぁ・・??そんなことしましたっけ??」 と、全然思い当たらない感じだったのですが、今となってはね、 「そういうことはいくらでもあります。」 という感じでしょうか。新田義貞、平将門、ヤマトタケル、・・ みんな『火攻め』をしていますよね。『水攻め』もしているかもしれません。 ましてや剣や弓とかは・・・。  はぁ。。。  ヤマトタケルが出てきてからね、体のカルマ出しが多いんですよ。それまではカルマ出しといえば『お金』に関して出ていたのですがね、なぜかヤマトタケルだと『体』なんですね。7月のはじめ頃、ミニぎっくり腰をやりまして、治ったり再発したりしていたのですが、そうしているうちに右目の下にひどいものもらいができたんですね。今でも跡に残ってしまいましたが、その後恥ずかしい話しですけど、痔になりました。大量に出血するくらいのやつです。それがやっと完治しそうだと思った矢先の、能褒野追体験事件だったのです。休む暇がないんですね・・・。  この一連のカルマ出しで私が何を感じたのか書いてみますと、まずぎっくり腰が『怒り』ですね。なにしろ怒っているんです。ヤマトタケルに怒っている人の念っていうのを感じましたね。それからものもらいなのですが、これ『悲しみ』に感じました。目の下にできたので、『目下の人の悲しみ』とも解釈できますよね。タケル君はある意味『詩人』なので、『悲しみ』みたいなものはつきまといますよね、とてもナルシスティックに・・。それから『痔』なんですけど、これは『熊襲(くまそ)』に対するカルマじゃないでしょうかね。古事記には「お尻を突き刺した」って書いてありますからね。このときネットで『熊襲の穴』っていうのを発見して、その写真で『供養』したりしていたんですね。はっきり感じました、くまそ・・・。  それからとどめが能褒野なのですが、これカルマ的に見たら『総決算』みたいな感じですかね。十字架でいっぺんに背負っちゃうって感じかもしれません。これあんまり祈ららの方法論じゃないんですね。祈ららは結構段階的にきちんとしていて、『カルマ出し』というのもコントロールしながらできるようになっているのですが、私の場合はいっぺんにやっちゃうんですかね、根がクリスチャンだからそうなのかもしれませんが、一種の性分みたいなものかもしれません。  この性分と『自己観貧乏内観法』っていうのは、祈ららの方法論じゃないですね。これ誤解なされると困っちゃうんです。はっちゃんが言っていることが全部祈ららなのかというと、そうではないんですね。大きな範囲で段階には則っているかもしれませんが、はっちゃんはいろいろ『採用』して検討する性分でしょうかね。これ過去世でやった人がいるみたいなので、致し方ありませんか。「なんでもあり」でゼネラルだった人もいますから・・。『陰』のキャラクターの人はみんなそうです。  はっちゃんは今、陰のキャラクターですからね・・・。  えーと、なんでしたっけ??  あ、左腕がしびれる、そうそう。  これなんなんでしょうかね・・、先輩!? 「えぇ?四十肩じゃねぇの!?  丁度そういうトシだろう。」 「そっ!そう言えば丁度40だ!・・・」 <あとがき>  うまく落ちましたでしょうか・・。昨日の会話です。。  落ちると言えば、最近エネルギーが肚に落ちてきているというのを感じますかね。この『肚』っていうのはチャネリングメッセージ等で『御魂』の鎮まるところとか言われているみたいですね。「ゆっくりと御魂に帰りなされ」と、そういう感じでとても静かなのです・・。  最近はそういうところでして、腕がしびれるのもブロック開放の通過点みたいな感じなのですが、皆様方はいかがなものでありましょうか・・。  御魂さきはえますように・・。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

こんばんは。おからです。
いろいろあって大変ですね。
私はまたグループフォローに行きます。今度は天河にも行くし~、飛鳥にも行くし~とお楽しみ盛りだくさんです。
はっちゃんも来ない?プーさんも連れて行く予定です。
それにしても体に出るのは大変ですね。どうぞお大事に…。

あ、ども、ありがとうです。
はっちゃんは休みの日でも全然おでかけする気になれないんですよね。
なにしろエネルギーが下に降りるのを待っている、休息モードなのです。
そのために時間と、とても深い呼吸を必要とします。
フォローは無理だと思いますが、かわりにプーさんをよろしくね。
できればみんなとプーさんが一緒のの写真を送ってちょ。。
たくさん楽しんできてね。。。

こんにちは・・・
いきなりですが、痔の話がでたので・・笑
私ごとではありますが、私も突然出血(鮮血に近い)して、長いのです。
病院は明日行くのですが、カルマだとしたら、どんなカルマなのかと思って・・・。
いつも楽しく読ませていただいています。
お体ご自愛くださいね。^^

はじめまして、himeさま。病院はいかがだったでしょうか。
はっちゃんも色々病院に行きたいので、土曜日は休みたいのですが、今日も仕事でした(>_<)。
霊的な原因はなんなのでしょうね。
すぐには背負われているカルマが見えてこないのですが・・。
私の場合は先に熊襲に対する思いがあったのですよ。それというのも弟橘姫を背負っている人が、実は熊襲のカルマで人質になっているということが前からわかっていたので、弟橘姫を救うために熊襲に対するカルマを整理しなければならないと思っていたのです。そうしたらお尻に問題が出ました。(↓続く)

これは逆に「しめた!」と思ったんですね。この痔の問題を解決すれば、熊襲に対するカルマは終わるんだと、はっきりサインが出たように思えたからです。だからかなり真剣に祈りました。橘樹神社に行った翌日が痛みのピークで、その後出血しました。これはやばいと思い、祈らら掲示板で「あ゜~、血が出た~!」とか騒いでいたら、不思議なことにその翌日に出血と痛みが止まりました。誰かが(先生かも)ヒーリング手法で治してくれたのかもしれません。その後収束していって大丈夫だと思ったから、弟橘姫シンドロームの執筆にかかったのです。私の場合、先に『相手』に対する意識があったから特定できたみたいです。

この経験をしている最中に考えたのですが、一般的に痔になると、『排便』がつらくなりますよね。この『排便』て、霊的、象徴的に考えまして、一種の『浄化』なんですね。ですから排便がつらくなるというのは、その連想で『浄化不全』ということが考えられると思います。あるいは『糞切りが悪い』という連想もできるんですね。便秘とかもそうなんですけど、御魂さまから見て、何か手放さなければならないものとか人とか観念とか、あるいは決断しなければならないこととか、そういうのがあっても損得勘定とか世間の常識とかいろいろあってできないと、その『排便』に問題が出るのではないか・・。あくまでも一般的なことではありますが、そういうふうに考えることができるんです。
何か参考になるでしょうか。
私はその後、色々手放しました・・・。現在も進行中・・・。
またいらしてください。
ありがとうございますぅ。

ありがとうございます。^^
なんだか私も理解できることがあり、うなづくことが多いお返事でした。
世間の常識からできないこと、ふんぎれないことなど、確かにあったものですから・・・
土曜日の夜は、寝たまま鼻血を出していたり
(途中目が覚めました)
血続きではありますが、落ち着いて対処してゆきたいと思います。
また伺います。^^

はっ、、鼻血ですか!??大丈夫でしょうか・・・。
何かを決断しなけらばならないときは、具体的に痛いものだったりいたします。その痛みを受けたり、四面楚歌になってしまったりするかもしれませんが、それが御魂さまの願いであるならば、私は理解できます。
ひとりではありませんよ、あんまり自分を責めないでね・・。
と、誰かが伝えたがっているようです・・。

大丈夫みたいです~。笑
ちょうどその話のあとすぐに、見知らぬ鍼灸の先生に話しかけられて、その鼻血は疲労とストレスからくるんですよ、肝臓に負担がかかってますから大事になさってください、と教えていただきました。
痛みですむことなら楽なことです。
自分を責めないように・・・そうですね、無意識にそうしているのかもしれません。
伝えてくださって、ありがとうございます。(^^)
はっちゃんさんも、ご自愛くださいね。

ありがとうございます。
守護霊さまも、かなり頑張っておられるようですね。
なんだか2年前に姉が偶然浄霊師の人に会ったのを思い出します。そこから急転直下の人生が展開するわけですが・・・。
『肝臓』っていうのもあれですよね、『毒』を化学処理する工場ですから、食らっている『毒』が処理しきれないとも考えられますね。この場合は『人の言葉』からくる毒という風に考えるのが一般的でしょうか。
人とお会いになったり電話とかが多い人ですか??
> 痛みですむことなら楽なことです。
うーん、私は『お金』や人間関係でカルマ出しが出るよりも、体の方が楽な感じがしますね。そういう感じでしょうか。
お金は『社会的体面』とか関わってきちゃいますから、私はとてもつらいんですよね。
「お金で済めばその方がいいじゃない!」
と言われたことがあって、がっかりしました・・・。
こういうお話しをしていると、いろいろ進展があったり考察が深まったりするでしょうか。
いいですね。。

私の仕事は、24時間のうち、8割は人に会う、お話する仕事です。確かに。笑
だから大変だよってなっちゃったのかもしれませんね。^^
お金ですむことならいいよって言われて、ガッカリしてしまうことも、またいう方の気持ちもわかって、少し複雑です。
苦痛を常に伴わずとも関係がお金というエネルギーで変換されることってありますね。
でもお祈りはきっと体でなければできないこと。
それはお金でなんとかならないもの。
けれど関係を切りたいときや疎遠になるときは、お金のケースが多いような気がします。
社会的体面・・・そうですね~。
やはりお金は外向的なことに向いているということでしょうか。
お祈りなどは、内向的なコトなので、身体なのかもしれませんね。
私もともに考察・・・w

ああ、なるほど、精算時のお金は楽なんですよね。
それはもはや許されてきた時点だと感じます。卒業時とか。
私の場合は仕事上の失敗で、経済的な損失以外に会社の体面とかですね、そういうところに迷惑をかけちゃうのがつらかったのです。それは卒業時とは違うのですね。【表面化】と言ってもいいでしょうか。そこからはじまりみたいな・・。
このお金がらみで社会的につらいというのは、考えてみればカルマがある相手に【社会的に立ち行かない】というようなことをしてしまったからだと思うのですね。そもそものカルマに社会性があるのだと思います。もちろん経済的なものも含まれるのでお金で結果が出ますが、言ってみれば『社会性のカルマ』とでも言えるかもしれません。そっちのカルマ出しのほうがメインかもしれませんね。
私も考察を一段進めてみました・・。
ところでhimeさまは、祈りに対する態度とか、カルマを受ける姿勢とかが基本的にできてらっしゃいますね。普通はそこまでいくのが難しいのですが、イノリストの方でしょうか。
『己の責任はあくまでも己で取る』感覚・・サムライかもしれませんね・・・。

はい。w
イノリストではございます。けれど、イノリストになる前より、長く祈りを続けておりました。
清算時のお金は楽、というのは私の体感したことでした。自分でもわからぬまま一定の金額まで出し続けると、ぴたりと収まったからです。
不思議と払いきるだけのお金も回ってくる。
それ以後はまた、そのようなこともなく、そして、苦になることもなく生活が継続してゆきました。
戦のカルマはお金で解決できるものではないと思いつつも、そのレベルによっては、金銭で解決つくものもあるのではないか、などと思っております。
そこまでゆくまでは、私なりにいろいろな形で出すこともあったと思いますが、もうそれすらも過去のこと。今の自分にもっとできることをこれからもどんどんとしてゆこうと思います。
はっちゃんさんの姿勢は、私はとても賛同できるものでありましたので、こうしてコメントを書くご縁ができたことも、うれしく思います。
侍感覚は、現世でも抜けないようです。w

うーん、誠を貫かんとする御魂、お見事でござりまする。m(__)m
思い出したんですけどね、以前お話ししていた方が、不倫の精算で借金を数百万円背負うことになったと、おっしゃっていたんですよ。でね、その理由をとある人に鑑定してもらったら、
「相手の方を討ってますね。」
と言われたそうです。その方今世は女性ですが、サムライで人をたくさん斬ったことも思い出したりしているそうです。相手の方と付き合っていたときよりも、借金を払っているときの方が楽だったかもしれませんね。
で、いろいろお話ししていたのですが、そうこうしているうちに「会社の社長になってくれ、借金は肩代わりするから」とか言われて、新しい道に歩んでゆかれました・・。
私に出会って人生が新しく展開された方は、たくさんいるんですよ~!!

とってもわかります。^^
その方もはっちゃんさんによって、開かれていったのですね!すばらしいことですね。^^♪

あ、「はっちゃんさんによって」というのはちと違うかも。
その方が独自にいろいろ自己探求なさっている中で、何かのタイミングで私の意識が必要だったみたいです。女性の方は直感的になんとなく思っていることを、理知的にこうだとはっきりと表面化してくれる存在が必要だったりします。そういうときにはっちゃんみたいな人の意識に映すといいみたいなんですね。はっちゃんの方でもなんとなく相手の方をチャネリングして必要なものを映すようなので・・・。
結局ご自分でなさっているのですが、はっちゃんがそのような感じでお役に立てるのなら幸いですぅ。。
どんどん映してみてくださ~い。

そうなんですか~。^^了解です☆
プロフィール

シュバン

Author:シュバン
ミクシィで『ひふみ神示』コミュの管理人をしています。人間に見えるけど、猫です。

カウンター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。