--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005-12-19

損得勘定

 前回の歌に、交通安全の標語のようなものがありましたけどね、あれじゃぁ会社に提出できないのですよ。でね、会社から標語出してくれって言われて、改良型を作ってみました。お読みください。
 我先と はやる心が 事故を呼ぶ       損して得(徳)取る ゆとりが極意ぞ  【我先心】の改良版なのですがね、社内文化とうものは、とかく【損得勘定】で成り立っていたりするものですから、そういう意識に向けて作ってみたのがこの歌なのであります。この歌ね、今会社の休憩室にデカデカと貼り出してあります。なんと一文字がA4版のでかい筆文字なのです、しかも名前入り。こんなことになってしまっては、絶対に事故を起こせませんね(^^ゞ。そんな状況なのでありますが、私の標語だけではなくて、色々な方のものが、事務所内や外の壁に、たくさん貼り付けてあります。さながら『新興宗教無事故教』のような感じ・・・。一体どないなってますねん!!  それでは歌の解説をしてみましょう。  まず【損して得取る】ということなのですが、とかくみなさん仕事をしているときには、「少しでも得をしよう」という意識になるのが普通であろうかと思います。特にドライバーというものは、自分の【腕】次第で、仕事が上がる時間が早まったり遅くなってしまったりするのを日々体験しているものですから、特にこの【時間】に対して【得】をしようという意識が強いんですね。しかし、私の体験からいたしますと、そういう意識になっているときが一番危ないのです。矛盾したことを言うようですが、「得をしようとすると、同時に損がついてくる」というのが、本当の真理のまなざしで見た【道理】なのです。時間に対して得をしようとして、他の納品業者やお店の時間指定のことを気にして、【我先に】という思いが高まってくるのですね。そうしますと神様の目からみてよからぬ【響き】になってくるのですよ。その【響き】が【不調和】な現実というものを創り出し、【事故】や【トラブル】という結果に表面化してくるというのが、事故発生のメカニズムなのです。これね、また引き合いに出しますが、火水伝文を読んで「はっ!」と感じたことなのであります。 「我先はメグリ先ぞ」 これ読んで私はビックリいたしましたね。 そう言えば事故を起こした時は「我先」な思いがたくさん出ていたと・・。 そういうときに、過去世やご先祖様まで、全部ひっくるめた感じのカルマな【響き】が出ちゃって、【メグリ】として神様に渡されるんです。そういうことを散々体験して、とことん「なんでだろう??」って考えに考え、色々な方法を試した挙句の果てに出会った火水の言葉なので、とてつもなく身に沁みたのですね。私は今、この【我先心】から出てくる、いわゆる【身欲】な響きが、神様から見てダメ出しされるものなのだということが、【霊的なビジョン】で見えているのです。ですから、私の言っていることが、「どういうことなのかいまいち分からん」ということをおっしゃる方がいるとは思いますが、どうか真摯に受け取っていただければ幸いに存じます。  そして【得をしようとすると、同時に損がついてくる】と言いましたがね、これ実は、事故だけではなくてあらゆる会社の業務にもあてはまることなのです。その象徴的な事件が起こりましたようなので、例に出しておきます。  私は今【飲料】を配送していまして、かれこれ1年が経つのですが、それ以前は【冷凍食品】の配送を、2年半ばかりやらさせていただいておりました。それね、ある日突然ブレーカーが落ちたようにやる気がなくなってしまって辞めたのですが、同時に会社も辞めるべきかと思っていたら、呼び戻されて今のお仕事を頂いているのですね。それから半年ほど経ちましたら、大変なニュースが飛び込んできました。その冷凍食品の会社が、うちの会社を切って他者に乗り換えるということになったのですよ。以前一緒に働いていた仲間たちが、みんな働き先を探さなければならないことになって、その頃は大変だったのですが、最近になってさらにビックリなニュースを耳にしました・・・。  それはその冷凍食品メーカーの業績が思わしくないということなのです。当方の会社を切ったと言う理由には、乗り換え先の配送会社が冷凍倉庫まで用意し、他者メーカーもひっくるめて一つの店舗に同時に卸すということができそうな会社だったからだと思います。倉庫料金や配送代金等を、全部全部ひっくるめての【そろばん勘定】によるものですね、おそらくそういうことが元になっての決断だったのだと推測されるのです。しかしそれが裏目に出たのですね・・・。  どうしてかって言いますと、【お客さんに評判が悪い】からみたいですね。詳しいことは言いませんが、何しろお客さんにダメ出しされたということみたいです。これね、私そのメーカーだったらそうだろうなと思うのですよ。私が配送しているときはよく言われました。「オタクんところは営業が来ないからねぇ。」メーカとしてお客さんの要望を聞く姿勢が、基本的に無いんですね。それで肩身の狭い思いをたくさんしたのですが、【お客様第一主義】のはっちゃんといたしましては、それでもお客さんのご要望をメーカーに伝えようと、会社の上司の方に言ったりしていましたが、社内文化といたしましては、お金をくれる【荷主】が第一ということになっておりまして、私の【お客様第一主義】と、上司の方の【荷主様第一主義】とがぶつかっていたりしたんですね。メーカーもお客さんを軽んじていれば、そのメーカーの下請けの当方もその【響き】を受け取っていたのですね。それが当社を切ってさらに加速され、【業績不振】という結果に陥ってしまったようです・・・。  この話しを聞いて、私は鬼の首を取ったように言ってしまいましたね。 「ほらぁ!得をしようとして損してるじゃないですか!  あの会社はお客さんをナメているんですよ。だからお客さん第一主義だって言っているんです。私の言っていることが【正しい】って証明されたじゃないですか!もう結果が出ているんですよ!お客さんの喜びが、荷主さんに伝わっていくようにならないとダメなんです!私共は荷主を怒るくらいじゃないといけません!それで切るような会社だったら、こっちから願い下げにしてやればいいんですよ!」  なんだか何かが取り憑いているような感じなんですけれども、長年積もり積もった我慢がもう限界に達してきてしまっているようです・・・。  私共はとかくお金を直接渡してくれるところを大切にしがちなのですけれどもね、そうじゃなくて一番大切なのはお客さんなのですね。そこに神様がいます。その神様のために、自分の【身欲】を切って切りつづけて【誠を尽くす】。たとえそれが効率悪くとも、損に見えようとも、真理のまなざしに叶っていれば、必ず結果に結びついてくるものと思われます。そのような風土ですね、企業文化が醸成されてきたときに、その会社は神様のご加護を十分に受けて、お陰がお陰を産む、永遠の花が咲き誇ってくるということを、【予言】しておくことにいたしましょう。  身欲による花は、咲いた先から散ってゆく、情けのあだ花・・・  誠による花は、天のお陰の薫り高い、永遠の大華なり!  この世を織り成す、情けと花の神仕組み  誰一人とて、その仕組みの外にいることは許されぬ  ならば素直にマコトを取りて、永遠の大道を歩むべし!! 来年は結果出しまっせ!、もう妥協はいたしませぬゆえ・・・ <あとがき>  今年は私にとって、大変な年でありました。年明けに【にゃんこ】と歴史の話しをしていたら平将門の出現。そのトラウマとカルマの開放に追われていると、カルマ浄化のビジョンが出てきて、デリンジャー磁気嵐の記事になりました。そうかと思ったら、今度はヤマトタケル。カルマ関係がひっくり返って【自己観貧乏】の探求に突入。体のカルマ出しから能褒野追体験事件へ・・。そしてその後、ミクシィ参入、火水の神との邂逅・・  すべては仕組まれた神のシナリオ・・・  来年より神の伝説作りが始まる予感・・  共に参画しようというワクワクを、感じる方は付いて来なさい!  皆さまにとって、よい年明けでありますように・・・合掌。。  
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ワーイ('▽'*)はっちゃんとめっちゃシンクロ~♪
昨晩、私も損得勘定のことを考えていました~
今私がやってる仕事で、周囲の人と共に心も体も
幸せになりたいなぁって
周囲の人はどんどん私を追い抜かして成果をあげてるけど、「私は私なの♪」って。
はっちゃんの記事を読んで、新たに確信しました!
それに、今の仕事は祈ららを通して導かれたものだから。
でもね、はっちゃん、やっぱり、収入は得たい。っていう欲求があるんだけど、それは、あっていいんですよね?お釈迦様も欲求を持つのは悪いことではないって言ってるみたいだし(*^^*)

まさにはっちゃんとシンクロですね。まさにその通りなのです。
誠を尽くすのは大変ですが、やらないと駄目ですしね。
今は周りの人達に誠を尽くす努力をしてる最中です。

あ♪あくびさん(^^)/
誠を尽くす。うん。
私、書き込んだ後、考えてたんですけど、
この感覚は損得とか関係ないなぁって思った。
ただ、みんな幸せになって欲しい感覚。
あれ~、でも、やっぱり、欲が出てくる(笑)
私、まだまだだな(^^;)
みんなを幸せにしたい感覚と自分も幸せになりたい感覚。両方沸いてくる~!

☆いちさん
【欲】のエネルギーそのものは全然悪くないのです。
でも欲があると、すべてのものが2元に分かれます。
記事に書きましたように、得をしようとすると、損がやってきます。
楽を求めようとすると、苦がやってきます。
幸せを求めようとすると、不幸がやってきます。
利便を求めると、不便がやってきます。
あらゆることが【同道巡り】なのです。
それを超えて、至福の一元の愛に向かうには、
「十字架を背負いて我に従え。」
と、イエスさまが言ったとおりです。
いちさんはキリスト教的に解釈してみてください。【幸せ】とは、不幸の裏側だとしたら、まだまだです。はっちゃんの道は、祈ららより厳しいかも・・・。いちさんにはイエスさまと【愛】を出したくなりますね。【感謝】を基準にしてみてください。二元に分かれませんから。
☆あくびさん
あくびさんには【誠を貫く】という言葉が似合うのですね。かっこいいんです。スサノオさまから見て、かわゆくてしょうがありません。上記の記事も、実はスサノオ様指導です。あくびさんにぴったりなのです。おっきい十字架が降りてきて、誠実に対応しているので、神様も喜んでいると感じます。そのままゆきましょう。くれぐれも自分の手柄にしないように。【お陰】去りゆきますからね。

ぉぉ(驚
私も昨夜、母に会社の姿勢に腹が立って わめいていました。
特養ホームで働いていますが会社の利益が少ないからという理由で
利用者の方の「おやつ」の費用を削って「たまごボーロ」とか出しているのを発見!
(子供じゃ~ないんだ!要支援がついてても大人だぜぃ!こんなんぢゃ~いかんぜょ!)
つか食器も もっと綺麗に洗ってほしぃ!衛生管理も最悪っ(小声でw)
...欲か。。。私も心を入れ替えねば!
   (あたしもかぃ!)←つっこみ
そういえば運転してても その時の心意気次第で
不思議とすんなり進めたりしますよね。
外回りしてても時間は無いけれど ゆったりした気持ちでいれば
案外すんなりってのが多いです~♪
↑こーいう事ですよね?
神様との伝説を作ってゆく。。。素敵ですゎね。
愛してますぅ~♪ 愛が一番♪

はっちゃん、ありがとうございます!
二元しないようにっていうことは、
例えば、幸せっていう気持ちが、どんな状態でも、
幸せに感じれるようになれればいいってことかな?
例えば、世間一般の常識から見たら、「あの人、不幸~」って見えることも、私の心の状態が、「幸せ~♪」って思えたらいいってことかなぁ~?
もしそうだとしたら、やっぱまだまだだ~(^^;
けど、そういう風に物事を見れるように今やってるところです(^^)
【感謝】を基準か~。そうですねー!なるほどっ!

☆あんずちゃん
> ↑こーいう事ですよね?
うん、そーゆーことです。
車の運転はかなり奥が深いんです。
はっちゃんも介護とか興味あるんです。
そうですか、そういう状況ですか・・・。
どこへ行っても爆発してしまいそうだ・・・。
何か誠が浸透している職場はないかにゃ。
自分で作るかにゃ・・。
☆いちさん
うん、そうですね。
「こーなれば幸せ・・、あーなれば幸せ」
というのは、はっちゃんの感覚の幸せとは違うかも。
なにしろ『どれだけ神様を発見できるか」が勝負です。
あくびさんの事件でも、私は神様が見えました。
何かの失敗とか、不幸とかには全然見えないんです。
神様が見えたら自然に頭が下がります。
それが神に謝る、つまり神謝=感謝・・・なのです!
日々神様を発見なされて、ご報告をお願いいたしますm(__)m

はーい(^^)/
はっちゃんありがとうございま~す!!
プロフィール

シュバン

Author:シュバン
ミクシィで『ひふみ神示』コミュの管理人をしています。人間に見えるけど、猫です。

カウンター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。