--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006-01-15

天変地異回避法

 はい、前回は地震のことでマジギレしてしまいましたが、最近はっちゃんはこういう風になることが多いですね。感情で怒っているのではなくて、ハラで言っているので、本人はサバサバしているのですが、会社とかでやると、「はっちゃんマジギレしたんだって?」みたいにビックリされたりします。 「こっ・・、恐いですよ~。。」 なんだか性格が変わってきたのでしょうかね・・。
 さて、肝心の地震の予言(啓示)なのですが、まずひとつがこれです。 http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=3853689&comm_id=75209 『2006年1月14日、和歌山あたりに、被害の大きな中部南海地震が起こる。』 このビジョンのために、13日と14日、時間を合わせて共に祈りましょうということでした。私はね、13日に【地震の原因】の記事を一気に書いて、その後『自分の責任』に関する懺悔行をして、翌日平将門公の残党3万7千人の供養のために、千葉県は野田市関宿町にある白山神社に向かったんですね。関係者もう一人の方と一緒です。お昼頃供養して、あまりの寒さにうどんを食べようということになっていろいろお話ししていましたら地震、「あっ、和歌山でも地震あったのかなぁ。」なんのことはない、震源地は将門のお膝元、茨城県南部でした。その辺から将門残党たちは、一旦関宿町に集結して、そして全国に散らばってゆくことになるのです。苛烈な残党狩りから逃れる旅へ・・・。 「震度3だったら供養も成功だよね。」 あとで同行の方とそういうお話しをしていました・・。 まぁ、何しろみんなで祈られているので、大事に至らなかったのだろうと思います。  それからね、他の啓示なんですが、すごいんですよ。 『1月26日に、富士山が第一回目の噴火。旧暦の正月である28日は大きな境目になる。明けて旧正月、1月29日、浅間山が噴火し、次に小笠原諸島の東から、本土へ向けて火山の噴火が群発。八丈島、三宅島、新島、大島と立続けに噴火が続き、その翌日に関東大震災が発生する。そこで富士山が2度目の大噴火を起こす。この影響で、富士川から糸魚川までにかけて、日本が真っ二つに裂ける。 』 こういうものはね、「神から見せられている」というビジョンなので、本物だとは思うのですけれどもね、どうしても私は「だからなんだ」という気持ちになっちゃうんですよね。こういうことの原因が人々の心にあるのだったら、まずみんなひとりひとりが【自分の心】に向かわなければならないと思います。そのような思いで前回の記事を書いたんですね。 生死の勝負はね、 「お前が地震の原因じゃと、申しておろうがな。」 この言葉に懺悔する気持ちが持てるかどうかなんですよね。 この言葉に反発しているようじゃ、あなたが地震の原因だと証明しているようなものですね。こういう方は、どこへ逃げても天変地異とかに巻き込まれます。巻き込まれる心の原因を、地球上どこへ行っても持ち歩いているわけですから。かつて阪神大震災に巻き込まれて、東京に避難してきたと思ったら、今度は地下鉄サリン事件に巻き込まれたなんて悲惨な方がいらっしゃいましたね。それはそれでご苦労なご神業だとは思いますが、そうなる心の原因を、自分でどこへ行っても持ち歩いているわけですよ。だからね、その【原因】というものは誰でも持っていて、生きている間のことだけじゃなくて、過去世やご先祖様の分まで計り知れないものがあるのだから、こういう機会があったら素直に謙虚に【懺悔】の心を立ててみてくださいよ。あなたの魂を創ってくれた親様にですよ。神様にです。やってみてごらんなさいって、それが自分を守る一番の近道なんだから。そのような誠が立っていれば、「祈らずとても神ぞ守らん」っていう境地になるのではないですか?? 【天変地異回避法】として、そのような心のあり方を提案してみたいと考えます。 「神の国は近付いた、悔い改めて福音を信じなさい。」 イエスさまは言われました。 この【悔い改め】が大事なことだと、最近はつくづく思いますね。 【損得勘定】で書いた【身欲】なのですがね、これ単なる【欲】のことじゃないんです。【肉体自我】と言い換えてもいいのではないでしょうか。これがあると物事がすべて2元に分かれるんですね。損・得、苦・楽、幸・不幸、安全・危険、愛・憎、子供・大人、世間・神、男・女、悪魔・天使・・・、みんな良い方を選んで悪い方を捨てるという考え方をするのですが、結果が逆に出ます。それは全部が肉体自我の範囲内だから、その中を同道巡りしているだけということになっちゃうんですね。そうじゃなくて、そういう自我が丸ごと不調和と不幸の原因なんだと認識し、【懺悔】を立てるのです。そうすると神様に謝る気持ちが出てきて、【神謝】が立ちます。それが【感謝】となって自分を守り導いてくれるのですね。この【感謝】と【身欲】は並び立たない、方向が真逆だと、神示では言われているのです。だから一気に丸ごと懺悔を立てるのが、実は心の法則からして【安全】だということなんですね。  そのためには日常生活から祈ることが大事だと私は言ったのですが、真月さんはそれを【意乗り】とおっしゃいましたね。日常生活でやってくることはすべて【神成る】ための材料であり、【直霊】を出すための修行で、苦労が伴うということらしいです。【意乗り】とは神の【意】が乗ること。神の意を体現するには、やっぱり懺悔業のようなご苦労が必要だということでしょうか。さすがな感じがいたします。片や真示さんはね、こういう啓示や神示がでてくるのには、ひとえに神の親心ですね、これがあって放っておけないということなのだから、その御親の心に懺悔して感謝しましょうということみたいですね。とてもハートフルなところで受け取って、感謝業に向かうということを大切になされている方なのですね。敬愛するお二人のコミュにカキコさせていただいたことなので、その後のコメント内容を紹介させていただきます。  ですからさぁ、時間を合わせて共に祈るということも大事ですけれどもね、そんなことでは全然足りない。私共のように、懺悔とご苦労、そして感謝と一元の愛に向かいましょうよ、それが人生の目的でしょうよ、みんなそのために産まれてきたんでしょうよ、それで守られるんでしょうよ、それで真に幸せになれるんでしょうよ、それで発展するんでしょうよ、親元に還れるんでしょうよ、そんなそんな、たくさんたくさんの熱い思いを込めましてね、今回の稿は終わりにしますよ。「よくよくあなた方に言っておきます」イエスさまだって言っているのですから・・・。  どうしたらたくさんの人に伝わるのでしょうかね・・・  これからの修行課題でしょうか。  ではまた。。
スポンサーサイト
プロフィール

シュバン

Author:シュバン
ミクシィで『ひふみ神示』コミュの管理人をしています。人間に見えるけど、猫です。

カウンター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。