--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006-03-19

夢の続き・・・

 テレビ番組【オーラの泉】スペシャルを見たのですよ・・。  はっちゃんが印象に残ったのは、女性陣でしたかね。  
 まず女優の広末涼子さん。  この方ね、過去世がイタリアかどっかの敬虔なクリスチャンだったことがあるらしいですね。そのときにとある方に恋をし、お付き合いをしますが、相手の方が政治がらみの青年かなにかだったのですね。それで政変とか戦争とかに巻き込まれていって、離れ離れになってしまいました。そのときに手紙で文通、遠距離恋愛みたいになったそうな。だからいざと言うときが来ても、トランクひとつで移動できるような感覚のクセが付いていて、文通のための【便箋】は絶対持ってゆくという習慣が、過去世から引き継いでいるんだって。それで戦争とかのシーンがトラウマチックに恐い、嫌いという感覚もあって、それが小さい頃のよく見る夢に顕れているのだとか・・・。  で、今の旦那さんっていうのが、その遠距離恋愛の相手なんですね。かつては子供がいないまんま死んでしまうということになったのだけれども、今世では幸せな家庭を築き、子供も授かることができたという、転生を懸けたロマンスのお話でした~。。  結局ね、広末さんは転生を懸けて【夢の続き】を見ていてね、それを見事に実現していたのですね。私が【魂の願い】って言っているやつですよ・・・そういうことを、みんな無意識にやっているのでしょうか・・。  次はジャズシンガーの綾戸ちえさん。  この方はね、ワクワクを追いかけてアメリカに渡るのですね。黒人の方と結婚され、子供を授かるのですが、普通の人ではとっくに死んでいただろうと言われるような辛酸を舐めるのです。その過程で歌を覚え、離婚し日本に帰ってきます。この人の過去世ってすごいですね。かのマダム・バタフライこと、蝶々婦人だったらしい。蝶々婦人だったころにはね、子供は夫に引き取られて離れ離れになっちゃうのですよ。でもね、今世では「子供と一緒にいたい!」という魂の願いを実現するのですね。やっぱり夢の続きを見ているということなのですよ。だからね、江原さんは綾戸さんに言いました。 「あたしのせいで子供に苦労かけていると言う思いは、子供にとっては負担以外なにものでもないのだから、今日限りそんな思いは一切捨てて、夢が叶ったことを喜び楽しむことにすればいいじゃないですか、ね(^ー^)」 優しいですね、泣いちゃいますよ。  こんな風にね、無意識にしろ、みんなそれぞれユニークな夢を追いかけているのだと思いますよ。果たせなかった願いっていうものがあると思うのです。それを実現するのに、常識とか世間とか、魂レベルでは関係なくなってくると思うのですね。でも実現の過程でやっぱりカルマ(メグリ)っていうのが出ますね。それから綾戸さんの場合のご苦労は、【紫色のオーラ】を獲得するためのものだったって三輪さんがおっしゃていましたね。何かが実現する前にはご苦労あっても致し方ないでしょう。ご苦労とって初めて奏でられる響きっていうものがあるでしょうよ。それがね、はっちゃんは最近ハッキリ意識してきている、【誠】だと思うのです。  誠を取るのに十字架背負わずしてどうするのですか。  十字架否定してイエス・キリストを知っていると言えるのでしょうか。  甘い・・、甘いですね、私から見ていますと・・  はっちゃはね、やっぱり何かを実現したいと、魂で願っていると思うのですよ。それを探求していたら、創造的実現の前にたくさんのカルマ浄化を体験しなければならなかったですね。そのためにたくさんの人たちを探求してきました。その方々は、今はっちゃんが研究している【誠】の視点からすると、みんな何らかの形で【誠】をこの世にもたらそうとしていた方々なのですね。ある方は【火】のハタラキとして響きを、余韻を残すということをなさいました。そしてある方はそのコンセプトを拾って現実的に実現するという【水】のハタラキをする方々でした。朝廷側だろうと出雲側だろうと関係ないですよ、共通する合言葉は、【誠】なのであります。  私はね、探求の過程でそれらの方々を内側に感じることができました。これとても尊いことですね。その方々が自分の過去世かどうかなんて関係ないですよ。私は内側から知っているのです。その思いの尊さがいかようなものかっていうのを知っているのです。これね、知ってしまった以上、実現するのが魂の願いとなってきますね。私はね、できるという自信があるのです。これ絶対です。だって私の小さな自我でやろうとしていることではないのですから。【誠】が働こうとしているのですよ。神が動こうとしているのですよ!。それであったのならば、実現しないことなんか何もない!  そう断言しちゃってもいいのではないでしょうか・・。  制限しているのは私の小さな自我、メグリこびりついてる小さなものだけ・・  制限取れたら、神様ハタラキ起こってきます。  このことに対する真の理解者、私は欲しいと感じますね。  それとも「わかってほしい」と思っているうちはまだ小さいのですかね。  でもね、問わずにはいられません、神様ハタラキ起ころうとしておるのに、  何をぼやぼやこの世的なことを考えているのかと・・・  小さな癒しのことを考えているのかと・・  皆さんのユニークな願いは・・、なんでしょうかね・・・(^ー^)
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

シュバン

Author:シュバン
ミクシィで『ひふみ神示』コミュの管理人をしています。人間に見えるけど、猫です。

カウンター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。