--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007-12-18

自己愛9

銀河の女神 さて、前回久しぶりに自己愛シリーズを復活させたのですが、今回もその続きを提供してみましょう。今回は【ひふみ神示】で自己愛をどう云っているのか、引用と解説を試みてみましょうか・・・<(_ _)> 
*************************  へその緒はつながってゐるのであるから、一段奥のへそえへそえと進んで行けば、其処に新しき広い世界、大きくひらけるのであるぞ。自分なくするのではなく高く深くするのであるぞ。無我でないぞ。判りたか。海の底にはキンはいくらでもあるぞ。幽界と霊線つなぐと自己愛となり、天国と霊線つなげば真愛と現れるぞ。よろこびも二つあるぞ。三つあるぞ。大歓喜は一つなれど、次の段階では二つとなるのであるぞ。  秋の巻 第05帖 (746)  他を愛するは真愛ぞ。己のみ愛するのは自己愛ぞ。自己愛を排してはならん。自己愛をひろげて、大きくして真愛と合致させねばならん。そこに新しき理(ミチ)ひらけるのであるぞ。自己愛を悪魔ととくは悪魔ぞ。無き悪魔つくり、生み出すでないぞ。一段昇らねば判らん。  秋の巻 第06帖 (747) **************************************** http://astore.amazon.co.jp/asceleadsalo-22/ と、こういう感じです、いかがでありましょうか・・・  まずね、【無我ではないぞ】とおっしゃっていますね。これは【無我】と言っている今までの仏教的な響きとは一線を画することを、敢えておっしゃっているような感じがします。その上で、【悪い自己愛】と【善い自己愛】を区別タテワケして、幽界と神界の区別をしろと促します。  それからさらに、【自己犠牲】と【自己愛】についても語られるのですね。自己犠牲は古い教え、自己愛だけでも幽界の霊線、自己愛を深く広く推し進めて、他者への愛まで、真愛まで高めるべしと、説かれているのです。立体に抜けるべしと・・・。  このね、ひふみ神示の響きっていうのは、【今までの宗教】古い教えとは、明らかに違うのですよ。違いながら今までの宗教させも全部包括して救っていく、高めてゆくというのが【ひふみ】の響きですね。私は今その辺に惚れ込んで、ひふみ神示の読み込みや解説をしております。  皆様方もよろしければ、ミクシィネットワーク内の【ひふみ神示】コミュで、ご一緒に勉強いたしましょう。 宜しゅうお願い申し上げます。。<(_ _)> ひふみ関連書籍
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

シュバン

Author:シュバン
ミクシィで『ひふみ神示』コミュの管理人をしています。人間に見えるけど、猫です。

カウンター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。